2017年11月 4日 (土)

視差

農繁期ですが例年と違いまして

もぎ取り+運搬作業ではなく

選果のアルバイトに出ております。
 

かくて真鍮材は遅れてしまうこと確定。

 

その電9、日車の車両史図面集では

301-304は通風器、車端部を除く中央片側5個のT型ガラベン

どうも左右で位置がずれている作図であり、

 

のちS12年の冷房搭載のおける平面図でも

やはり左右のT型ガラベンは、その長さの半分ほど

ズレて設定されているように見えます。

 

真横画像もたしかに車体中心の窓柱からズレているように

見えます(以上、鉄道史料75号参照)。

S12年冷房では、TcとMcとで

その「左右で位置がずれたT型ガラベン」の

ズレかたが鏡像になっていて 

 

これがオリジナルからの踏襲なのであれば

電9(301-304)と、電附12(911-917)も

当然そうなっていたはず。

 

 

ところが

「標記類貼付位置」なる明細図S4年2月27日によれば

どうも電9、

T型ガラベンは車体中心の窓柱に合致しているように見えます。

 

さらに

302の真横からの写真(鉄道史料22号)では、

中央のT型ガラベンは、窓柱とは明細図とは逆に

右にシフトしているように見えます。

パンタ位置から、写真が裏焼きであろうとなかろうと

明細図とは通風器の中心からのズレが逆であることに

変わりありません。

 

奇数偶数で違うのか(電附12=911~のS12年冷房改造図と

同じ鏡像配置が、Mcでも存在しているのか)、

単に撮影角度の影響で、本当は窓柱中心と合致した位置に

通風器があるのか、

なかなか解釈が難しいところです。

 

というわけで、もうどうしたら良いのか

これが日車に限った話なのか、大阪鉄工所や田中ではどうなのか

迷ってしまうので

拙作では

通風器の取付穴は

「車体中央は窓柱中心と一致」と解釈して作成。

続きを読む "視差"

|

2017年4月 4日 (火)

復旧3両1253,1255,1258および、1262-68の顔

前面窓の脇、隅柱縦列に

リベットが見える車があり。
更新でリベットが消えた、というわけではなく
どうも初期の画像でも一部個体にだけあるようです。
 
というわけで
個体追跡を時間かけてチマチマやってみた結果
当方の勝手な推測は
(たぶん9割ぐらいの可能性で合っていると思っています)
 
昭和24年上半期の日立笠戸分だけが
前面縦列リベットあり。

続きを読む "復旧3両1253,1255,1258および、1262-68の顔"

|

2017年3月14日 (火)

ここ最近の妻板標記

営業投入の直前に形式表示が変更されるも

側面は直されているのに、
 
妻面にある検査標記の上にある形式表示は
そのままだったZ001編成
Img_2996クモハ819、となったままでした。
ところが
 
量産投入後、Z002、Z004で確認したところ

続きを読む "ここ最近の妻板標記"

|

2017年1月27日 (金)

干支2回り昔

19930308t

1993年3月。
なぜ室内をモノクロネガに残しているのに
逆の連結面の貫通扉を記録していないのか、
 
ただ忸怩たる思いです。

続きを読む "干支2回り昔"

|

2016年12月 1日 (木)

なかなか難儀

200506homu1セム1から省払下>近江>北陸のホム1を

作らんとしますと
セム3750(小倉テコ21形式と思しき>払下再買収を含め買収時付番に同列押込)
の大改造車となっているので
ホッパ全体が上にシフトするように、なおかつ
側面からみてw字型に落とし込むよう(セム6000以降のような)
中央が透けて見える構造になって、
要するに上回りは部品流用こそあっても新製に近い状態。
補強やらハシゴ、ブレーキテコ長さをはじめ各部も
結構な変化がありまして
(そもそもベース車両と異なるので台枠がチャンネル材断面見えず)
 
プラキットからは雰囲気こそ似せられても
そこそこ重加工、ヘタをすると全部作り替えが必要ではあります。
これは富山で、お客様から言われるまで
まったく気づいておりませんでした。
 
同じく富山でお客様から指摘いただいたのが
「E129前面スカートは、左右裾が側面からはみ出している」
とのことで、
現車を見ていたときにはそこまで気が回っておらず
てっきり仙石ハイブリッドと同じだと思っていたので
(限界支障からしてもそのほうが合理性があるのですが)
これはいつか新潟に再度行った折にでも確認したく。

続きを読む "なかなか難儀"

|

2016年10月27日 (木)

釣果のなかった話

宇部鉄道モハニ31について。
以下、あくまで客観的考察を目指しただけであり
各文献執筆をされた研究者各位への他意はありません。
 
__
現状、形状について記述した記事として我々が容易に得られる資料としては
「買収国電 社形の電車たち」田尻弘行/阿部一紀/亀井秀夫(共著)
鉄道ピクトリアル2000年4月増刊「釣掛電車の響き」慶応義塾大学鉄研三田会編、P94(文献1)において
 1B6D6D1(窓配置)、両運、15400x2735x4130㎜ クハ11と同形
というものがあげられる。この記述の出典元は不明。
しかし、文献1における「表ー2 車歴等一覧」の
「14.宇部鉄道」の項についてはいくつか疑問があり、
クハ11 片運化、乗務員扉設置、妻面フラット化
という記述は、おそらく妻面はフラットにされていないものと推測される。
後年の日立電鉄譲渡後のクハ5300において、雨樋の端が直角に近い処理がされ
クハ5301のような丸みを帯びたものと印象の差が出たことで
クハ5300をF3(平面で3枚窓前面)と、クハ5301のC3(曲面で3枚窓前面)と
区別誤認した分類記事からの孫引きと思われる。
 
鉄道ピクトリアル1962年3月臨時増刊私鉄車両めぐり第二分冊P46(文献2)にある
ものが最初と推測され
(それ以前にあればご指摘切望。なお文献2の記事では宇部モハ21~24の
「製造当初の形態」の窓配置も買収後の修繕姿で記述しており正確とは言い難い)、
RMライブラリ64「日立電鉄の75年」P28(文献3)のクハ5300記述も同様。
後部連結面だけフラットにするようなクハ11についての事故記録は
いまのところ見当たらず、末期まで前面はRがあったと思われる。
「買収国電」佐竹保夫・晃 氏(共著、ネコパブリッシング刊)P168(文献4)のクハ5300写真では、レンズ歪曲を考慮したとしても明らかに前面はRの大きな(緩やかな)曲面で
少なくとも前面はフラットではないことが確認される。
(大画像を活かし、実際に「窓下辺」に直線定規をあててみると前面Rがごく浅くついていることが判る。
 クハ5300、5301ともほぼ同じ曲率と判断でき、雨樋角部の処理からくる先入観錯視)
ただし戦時中まで、詳細記録が網羅されたわけでもないので
「後部連結面のみフラット改造された可能性が皆無とはまでは断定できない」ものの、
前面の雨樋角部による錯覚が招いた誤認ではないか、と
後年のために提起だけはしておく次第。
 
 
山口県文書館における宇部鉄道関連の公文書(文献5)のうち
絵葉書、沿線案内や諸申請書類のほかに
県の土木部の記録から
電化の際の車両単価などの簿記や、き電図やレール継目板の第二原図などは
閲覧したものの
(公文書の開示規定に伴い、ここでは複写画像は掲げず。
学術研究や出版著述される諸兄は現地にて閲覧し、所定の手続きを)
車輛の青図は得られず。
 
「宇部鉄道社史」(文献6)と共に芳しい成果なく。

続きを読む "釣果のなかった話"

| | コメント (0)

2016年6月23日 (木)

白いレドーム

民鉄に見られるような、縦棒だけの空中線

(これの形式は知らず=御教示お待ちしております)

を追加設置していた五能線、Img_8350

 

最近は某キャリアによるGPSアンテナの勢力拡大。Img_8352

続きを読む "白いレドーム"

|

ある遭遇

先日、いかにもブザマな状態にて自転車で転倒し

利き手の傷がいちばん深いので

曲げ作業が平時の半分しか進められない始末。

 

まったくの自業自得ながら、

7月2日と3日に間に合わなかったらすみません

と先に謝っておきます…。

(&適切な応急処置をしてくれた人に感謝)

 

____

さて183の床下カバーを観察しに行った折

Img_6737

気になっていた部品は

この車体も、OS15RAのままでした。

___

そのあと、

続きを読む "ある遭遇"

|

2016年5月21日 (土)

田舎暮らしなもので朝の通勤通学ラッシュを忘れかけておりました

路銀の都合上、ノビノビ座席で移動をしますれば

なにやら事故があったやらで到着が予定より遅れ

目指したmt117ラッピング編成は岡山を出た後

やむなく小遣いはたいて

新幹線で追いかけざるを得なかったことでありました。

Img_6055

迂闊なことに

通学時間帯に混雑する、ごく当たり前のことに気付かず。

のんびり安全な箇所で撮影せんと待っていたのですが

反対方向の列車からの、猛烈な人の波。

それが落ち着いたころには

「真横からの画像」を数葉だけ押さえるだけで、やっと。

 

 

トレースに必要な材料は揃ったので、よしとしました

(私事で指定箇所への集合時間が決まっていた為、追跡取材は断念)。

 

ことのついでに

Img_6117

続きを読む "田舎暮らしなもので朝の通勤通学ラッシュを忘れかけておりました"

| | コメント (0)

2016年5月 1日 (日)

寄り道メモ

Img_5904アニメには興味がないというか全く判らないのですが

津軽弁の無さというかイントネーションが共通語である違和感がある

との親戚若人の評。

少なくとも車体の半分以上包んでいないものはラッピングと呼ぶべきではないと

思っているのですが

これはビードの奥行方向にまで丁寧に貼り付けが為された珍しい例。

 

続きまして

Img_5031

こちらもキャラクターは正直、当方よくわかりませんが

阿武隈とあっては撮影しに行かないわけにもゆかない(?)

 

それから

Img_5784

Img_5753

美術系も技術系もよくわからないのですが

「あけぼの」無きあと出かける機会を逃し続け

今回は夜行バスのお世話になりました。

続きを読む "寄り道メモ"

|

より以前の記事一覧