2018年5月30日 (水)

けっぱれ

けっぱれ、は方言です。

 
Img_8248
 
腐食対策でパテ盛りを長年繰り返した結果
 
ヘッダーと、窓回りが一体化のように。
 
現状、ドア窓も腐食により交換(透明周囲ビス止め)
 
Img_8213 
屋根も耐候性を優先した縞ゴムシート
追記:サイディング材のようでお詫びして訂正します。ご指摘いただきありがとうございます
 
帯材で押さえてあり、かつての有蓋車や車掌車の
 
キャンバス貼りのような継ぎ方。
 
雨樋も、直管というかチャンネル材そのまま(追記:縦方向継ぎ足し跡あり)
 
風雪と経年での保守の苦労が分かります。

続きを読む "けっぱれ"

|

2018年5月 9日 (水)

シンプル

ラッピングと称した、部分ステッカー貼っただけの

(千社札と渾名しております)ものが跋扈する昨今、 
 
結構気に入っている、単純だけれどもカッチョエエ図の一つ。 
 
 
Img_7451_3

前面は赤1色(他と違い貫通扉も塗分け無し)
 
 
 
 
ほかには
 
Img_7486
最小限の追加で表情を作ってきたり、 
 
(犬ではなく、この橙色だけはネコだそうです) 
 
 
 
犬っこシリーズでも、窓下ペナントは
 
片側全部が絵柄変えているものの、左右は同じものを 
 
3両確認(黄色は阿仁合の庫内でジャッキアップされていたので未確認。
 
黄緑は角館の庫内に居て、犬っこ帯の装飾は確認するもペナント未見)
 
ペナントは山菜、ハイキング、清流、田んぼ、温泉、マタギ
 (↓これは「ハイキング」) 
 
Img_7448
 
なのですが
 
 
 
 
紫8802だけ窓下ペナントが異なります(これも6種全部異なるが
 
左右側面は点対称で同じ絵柄)。
Img_7425
ついでに

続きを読む "シンプル"

|

2018年1月27日 (土)

C57-1次のナンバープレートとか

昭和40年代の写真などから

33号機=AD66180

46号機=AD66180

95号機=AD66398

97号機=AD66180

<p>

(もちろん当初はおそらく形式入りAA6000装着で、(AD66180との切り替え時期ですが不明)

その後も差し替えがあったと思うので、これは断定するものではありません)

4次型では190号機のフロントとサイドがAD66398

200&201号機が超イレギュラーパターン(末尾3桁間延び。

旧神居古潭駅の保存機実測)

を除き、ほぼすべて末期までAD66180だったので

それの踏襲となりAD66180サイズとなるのか

そうなると他のAD66398サイズがつけられないのではないか

と余計な心配をしているのですが

 

しかしよくよく考えてみたら

C58もそうですがとくに「福笑い」バラエティ感が豊富で

(ナンバー取付高さで印象が柔和になったり厳つくなったり)

そもそも千葉局での前面AA6000残しとか

北海道タブレットキャッチャ除け短板AD66398変形

数字百番台1の字詰めイレギュラー(101~140番台で頻発)など

結局いろんなパターンがあるから

モデラー諸兄はなんにせよ加工せよ、という

メーカーさんの黙示と解釈して正座して待ちますC57-1次。

いまのところナンバープレートをまだチェックできていないのは

2,63,73,74,99,106,115,131,132,136,143,162号機

以上12両。

続きを読む "C57-1次のナンバープレートとか"

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

視差

農繁期ですが例年と違いまして

もぎ取り+運搬作業ではなく

選果のアルバイトに出ております。
 

かくて真鍮材は遅れてしまうこと確定。

 

その電9、日車の車両史図面集では

301-304は通風器、車端部を除く中央片側5個のT型ガラベン

どうも左右で位置がずれている作図であり、

 

のちS12年の冷房搭載のおける平面図でも

やはり左右のT型ガラベンは、その長さの半分ほど

ズレて設定されているように見えます。

 

真横画像もたしかに車体中心の窓柱からズレているように

見えます(以上、鉄道史料75号参照)。

S12年冷房では、TcとMcとで

その「左右で位置がずれたT型ガラベン」の

ズレかたが鏡像になっていて 

 

これがオリジナルからの踏襲なのであれば

電9(301-304)と、電附12(911-917)も

当然そうなっていたはず。

 

 

ところが

「標記類貼付位置」なる明細図S4年2月27日によれば

どうも電9、

T型ガラベンは車体中心の窓柱に合致しているように見えます。

 

さらに

302の真横からの写真(鉄道史料22号)では、

中央のT型ガラベンは、窓柱とは明細図とは逆に

右にシフトしているように見えます。

パンタ位置から、写真が裏焼きであろうとなかろうと

明細図とは通風器の中心からのズレが逆であることに

変わりありません。

 

奇数偶数で違うのか(電附12=911~のS12年冷房改造図と

同じ鏡像配置が、Mcでも存在しているのか)、

単に撮影角度の影響で、本当は窓柱中心と合致した位置に

通風器があるのか、

なかなか解釈が難しいところです。

 

というわけで、もうどうしたら良いのか

これが日車に限った話なのか、大阪鉄工所や田中ではどうなのか

迷ってしまうので

拙作では

通風器の取付穴は

「車体中央は窓柱中心と一致」と解釈して作成。

続きを読む "視差"

|

2017年4月 4日 (火)

復旧3両1253,1255,1258および、1262-68の顔

前面窓の脇、隅柱縦列に

リベットが見える車があり。
更新でリベットが消えた、というわけではなく
どうも初期の画像でも一部個体にだけあるようです。
 
というわけで
個体追跡を時間かけてチマチマやってみた結果
当方の勝手な推測は
(たぶん9割ぐらいの可能性で合っていると思っています)
 
昭和24年上半期の日立笠戸分だけが
前面縦列リベットあり。

続きを読む "復旧3両1253,1255,1258および、1262-68の顔"

|

2017年3月14日 (火)

ここ最近の妻板標記

営業投入の直前に形式表示が変更されるも

側面は直されているのに、
 
妻面にある検査標記の上にある形式表示は
そのままだったZ001編成
Img_2996クモハ819、となったままでした。
ところが
 
量産投入後、Z002、Z004で確認したところ

続きを読む "ここ最近の妻板標記"

|

2016年4月10日 (日)

AD66180とも違う

お手頃価格な車体が出てきたようなのですが

ナンバープレートに違和感を覚え  

 

過去に撮影したもののうち

真正面からの採寸時モノクロネガを探すも

すぐに出せず。

 

かくて2013年に斜め上から撮影したもので

ひとまず代用します。

Ed14234

     *容量制限があったので画像縮小

続きを読む "AD66180とも違う"

|

2016年4月 6日 (水)

地色

ただの黒文字かと思ったら

Img_4539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む "地色"

|

2015年4月20日 (月)

ステッカー部分的に貼っただじゃない「ラッピング」が素敵

ラッピングというからには

あくまで個人的な好みで

「全体的であってほしい」ので

これは結構気に入っております

Img_3433
Img_3352
ノーマルなET122に出会えなかった次第。また機会があらば。

続きを読む "ステッカー部分的に貼っただじゃない「ラッピング」が素敵"

| | コメント (0)

2015年1月19日 (月)

ワキ10000扉下部

Img_9885
シキボウ地下にお越しいただきました皆様

ありがとうございました。

その際にお尋ねいただいた案件についての

補足画像です。

 

 

パレット用扉の下部レール、中央扉付近のディテールですが

このように塞いであります。

浮いて取り付けられたドアレール

(引戸に水抜き勾配を付けられない?ので、上の画像で

 右寄りが縦板状レール2条となっている様子が

 おわかりいただけるかと思います)

この隙間から中央部扉に風が吹き込むのを防ぐ板のようです。

この斜め板の根元は、面取り状に角を落としてあり

水抜き穴となっているようです。

 

 

ちなみにマニ44でも

続きを読む "ワキ10000扉下部"

| | コメント (0)