« 視差 | トップページ | 懺悔と反省の日々 »

2018年1月27日 (土)

C57-1次のナンバープレートとか

昭和40年代の写真などから

33号機=AD66180

46号機=AD66180

95号機=AD66398

97号機=AD66180

<p>

(もちろん当初はおそらく形式入りAA6000装着で、(AD66180との切り替え時期ですが不明)

その後も差し替えがあったと思うので、これは断定するものではありません)

4次型では190号機のフロントとサイドがAD66398

200&201号機が超イレギュラーパターン(末尾3桁間延び。

旧神居古潭駅の保存機実測)

を除き、ほぼすべて末期までAD66180だったので

それの踏襲となりAD66180サイズとなるのか

そうなると他のAD66398サイズがつけられないのではないか

と余計な心配をしているのですが

 

しかしよくよく考えてみたら

C58もそうですがとくに「福笑い」バラエティ感が豊富で

(ナンバー取付高さで印象が柔和になったり厳つくなったり)

そもそも千葉局での前面AA6000残しとか

北海道タブレットキャッチャ除け短板AD66398変形

数字百番台1の字詰めイレギュラー(101~140番台で頻発)など

結局いろんなパターンがあるから

モデラー諸兄はなんにせよ加工せよ、という

メーカーさんの黙示と解釈して正座して待ちますC57-1次。

いまのところナンバープレートをまだチェックできていないのは

2,63,73,74,99,106,115,131,132,136,143,162号機

以上12両。

残念ながらテンダー背面のものまで全てを確認できておらず

(2次以降は竣工時点でAD66180の時代なので、前面とサイドが

 AD66398に交換されていなければ、リアもAD66180で残っている

 例が多いようです。九州での番号板背面残しの通達後、

 AA6000が残されたものがあったのか未確認)

また煙室扉の高さ方向の位置も全部を確定できていませんし

まだまだ課題多く。

|

« 視差 | トップページ | 懺悔と反省の日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 視差 | トップページ | 懺悔と反省の日々 »