« ここ最近の妻板標記 | トップページ | ペーブフェンスたぶん107(筑波山) »

2017年3月21日 (火)

とんだサイズ指定誤り

Deki53c田口デキ53ですが

屋根曲げ幅を間違えたので
車体だけ作り直し中です。
 
たぶん26日には間に合うはずなので
これは良いのですが
側面梁に目立つエアタンクを
ホワイトメタルでは、動力幅に制約されて
どうしても出っ張るとあって
ならばユーザー各位に任せtあほうがよろしかろうと
(半丸プラ棒などもいろいろ出回ってきました)
暫定版として、経年変化リスクは説明書に明記したうえで
速成樹脂を準備していたのです。
 
しかし
届いて驚き。
Deki53d
なにかが違う。
長手方向のサイズは穴位置も合致しているのですが
違和感は
 
高さ方向。
 
 
 
直径と間違えて
半径寸法で作図してしまったまま
発注していた次第。
なんたる凡ミス。
しかも、結構な体積比の無駄遣い。
 
かくて正しいサイズに直して発注しようとしたら
今度はSTLファイルのビューワーで
「エラーがあります」表示。
大きいサイズのときは問題なく造型可能だったのに不思議。
その問題点を洗い出すまで、かなり時間を要しました。
 
 
26日には間に合う予定です。
 
名古屋臨海鉄道東港駅の滝春荘でお待ちしております。
Hokuriku121a

北陸EB121も屋根を速成樹脂での暫定版になります。

プラ箱が足りないので、北陸EB121は前面曲げをユーザー各位にお任せ
の「簡易梱包」となります
(ご自身での曲げ作業に不安をお持ちの方には、
 会場にて曲げ方の実演をしてご説明いたします)。
 
 
田口デキ53と共に
屋根幅を間違えた三池ホハ200も修正予定
(こちらは4月以降)Miike201b
 

|

« ここ最近の妻板標記 | トップページ | ペーブフェンスたぶん107(筑波山) »