« 2016年4月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月29日 (土)

ボンド蒸し法その後

Img_1685木工用ボンドで密閉空間におかれると

どうやらレールが落ち着いた色になる
というので
長期にいろいろ試してみております。
 
以下、素人レポ―トです。
 
1)チャック袋などは密閉されていそうですが
  どうも水分は抜けるようで、飽和状態から
  結露するような湿度にはならない?のか
  変化があまりありません。
  タッパーなどの箱に入れたものも同じ。
  気密性の高いパッキン材で締め付けるもの以外は
  いずれも、食品用ラップでくるんでおくほうが
  よさそうです
 (タッパ―に入れたままでは変化なかったレールが
  ラップで包んでから着色が進んだ例あり)
 
2)木工用でも、速乾タイプよりは従来からの(某コ●シの黄色など)
  接着剤のほうが、レール変色には向いているようです。
  それも、ボンド水溶液のほうが着色進行がやや早い傾向に
  あります(もちろん条件次第)。
 
3)レールは洗浄も何もせず、手元のものを考えなしに
  供出しているため、油脂あるいはもとの酸化表面状態や
  曝露期間などは同一条件で試験しているわけではありません。
  研究論文なら当然、比較材料があるべきところですが
  そういうものを目指しては居ないので、好奇心だけで
  略式にためしております。
  つきまして、あくまで個人的感想なんですが
  染めやすい>ユニトラック、PECO、旧アキア
  染めにくい>TOMIX現行、篠原ターンアウト
  これ以外はどちらともいえない(条件次第で変わることあり)。

Img_1710Img_1708_2

Img_1715Img_1717
 なお、あくまで個人的に情景主眼の表現方法の模索で
 行っているだけですので、
 ポイントやジョイナーなど、電気的に不具合を発生させそうな
 デメリットがあまりにも大きいことから、
 「走行させるレール」には
 この記事の染色手法は行わないでください
(あくまで自己責任で)

続きを読む "ボンド蒸し法その後"

|

« 2016年4月 | トップページ | 2016年12月 »