« 短い夏のまんなか | トップページ | 水色と淡緑 »

2014年9月 9日 (火)

今年は花が早い

林檎のうちでも早生品種の「つがる」などは

そろそろ出回りはじめている頃となりまして

地学気象がまったく門外漢たる当方は

なぜ今年の花(の時期)が早いのか

わかりません。

「ジョナ(ゴールド)」の葉取りやら弦回し、

そのあと「ふじ」にかかります。

 

 

 

 

その少し前、ある依頼を受けたものの

どうにも自分で納得できなかったので

測れるものは実際に取材に出かけ

それでも不足な箇所は

Image434
検索に出かけてまいりました。

やけに警備員さんを見かけるな、と思ったのですが

その後「館内でコード切断のイタズラ(では済まされない)事件」が

連続していたと報道があって納得。

 

 

わが田舎での変化といえば

最寄の踏切で

遮断器が更新されておりました。

Image428こんなに細くなかった…

参考までに以前のタイプは

防雪カバー設置のものでした

Image431_4
Image430_2この程度しか変化のない

のどかで辺鄙なところです。

 

 

以前作図したもののうち、数種の版下が

バックアップ漏れのため再生産困難となってしまいました。

特注分のアイテムが入っており

その追加をお尋ねいただいたとき確認したら

ようやく事態に気付いた始末で、

採寸から再度となるとかなり長期を要し

やむなくご容赦いただいた次第。

 

 

現在、主機の移行に苦心しておりますが

(作図ソフト上で文字化けが酷く、

 テキストがポーランド言語に置き換えられ日本語に戻せず

 全部を旧機で文字アウトライン化しなければ使えず)

バックアップも手作業ではかように見落としがあると

いまさらながら反省しております。

|

« 短い夏のまんなか | トップページ | 水色と淡緑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 短い夏のまんなか | トップページ | 水色と淡緑 »