« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年9月29日 (日)

折れるリスクと常に戦ひ

Rimg1013今は振動ユニットも

こんなウエイトを固定するページャーモータではなく

一体パーツが出ているとあって

モーター単体の投売りを見かける機会が

以前より減った気がします(気がするだけです)。

ロボット用のモーターも並ぶようになったとはいえ。
 
小さいものでは、並木精密宝石のφ2とか
(しかしコネクタは3相用でそのまま転用は無理かも)、
あるいは最先端ではもっと小さいものがありますが
そこまでゆくと、とても伝動が厄介。
そもそもそんな工作ができるわけもなく
予算もありませぬ。
 
かくてφ4の安いモーターを、なんとかしようと
 3V仕様であることは、ひとまずツェナー(と抵抗)で
 なんとかごまかし(噛み込みなどで過負荷にさえならなければと
 安易に考えておりますが、決して真似をなさいませぬよう)、
 フライホイールで補えるかと浅はかに計画し、
これの振動用ウエイトを取りたいわけです。
Rimg1014振動用ウエイト抜きを、いろいろ作ってみたものの
最も実用になった??ものだけをお目にかけておきます。
ベースは田宮ミニ4駆のピニオン抜き(初代製品)。
 
蝶ネジに差し込まれた芯押し棒の先に
Rimg1016
φ0.5孔をあけ、ピアノ線などを差します。
しかしわが工作机には予算の都合で
ピアノ線なんてものは置いてないため
やむなく手元にたくさんある「折れたドリル」の根元
グラインダで断面整え、ピアノ線の代用にします。
  こういう「ありあわせ工作」が失敗の原因となるわけです。
 
文字にするとこれだけですが
ボール盤のない環境で、PT-α(ミニルーターもどき)を
最少回転数で袋孔を開けてゆくのは
集中力が必要なのですが、まぁこの作業の進まないこと。
一日5分を上限と決め、
ちまちまと加工しておりました。
 
もう一個、モーター支え(受け?)板は
Rimg1015
田宮ピニオン抜きオリジナルの鉄板の厚みよりも
「モーターと振動用ウエイトの隙間」が小さいため、
手元の余分な真鍮端材を重ね、銀蝋で固めて
やや薄いものを作成。
中央に段差をつけたものは、シコー製モーター用(後述)。

続きを読む "折れるリスクと常に戦ひ"

| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

PVの意味

相変わらず、「こんなことも知らないのか」と

諸兄に呆れられることが確実なのですが、
なにせダレモオシエテクレナイので知らなかった訳です
(ダレモオシエテクレナーイ:いにしえの鉄道ファン誌「明鉱平山」ナロー発見の記事に
 出てくる表現です)。
 

 
アレスターのPV型という名前、
 Img_7006
 
Pはともかく
Vが、バルブ(ヴァ、という表記のほうが良い?)という意味だと
初めて知りました。

続きを読む "PVの意味"

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

アンテナついでに

Img_4188そういえばアンテナ基部撮影は

別のものだと

続きを読む "アンテナついでに"

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

グランビー鉱車の名の由来、そのとっかかりに近付いたのか否か

これはちょっと前に自分の中ではケリがついた話。
いま資料協力をお願いしている調査案件ではありません。
 

特許公報を見ていたら
B61D9/00(項目:チップラ)の昭和30年代、突如
グランビー型(の改良)と言う文字が
やたら出てくる次第でありまして、
その中には活字のカスレやニジミで
グランーと読めなくもない文字もあり。
そうでなくても作業現場では言葉が化けることは
よくありますし。たぶん(?)。
そういえば某社の公開文書では表示が
グランビ、とこれまた個性あるもの。
 
戦時下の混乱期の特許関連の記録はごっそり無い
(そもそも申請どころではないか&著作権離脱時期ペナルティ加算)
ということは、
さては海外の特許の大国を調べねばならぬかと
思っていた矢先。
 
以下引用。
____
cited:
"MINERAL INDUSTRIES IN WESTERN CANADA"
(THE TENTH COMMONWEALTH MINING AND METALLURGICAL CONGRESS
 - SEPTEMBER 2-28,1974: The Canadian Institute of Mining and Metallurgy)
 
Probably the best-known development to originate at Phoenix was
the self-dumping Granby car.
Although based on an earlier wooden car,the Granby car in its present
form was first introduced in 1905 when twenty 10-ton steel cars were
built for use on the main haulage levels.
___
 
どうりで戦前の鉱車カタログに出てくるわけですな。
フェニックス鉱山の会社名に由来と目星がついたので
ここ調べてゆけばよい、と判っただけでもかなり満足。

続きを読む "グランビー鉱車の名の由来、そのとっかかりに近付いたのか否か"

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年11月 »