« 未定なれど研磨中 | トップページ | 窯業のまち »

2013年5月29日 (水)

馬齢を重ねてから聴きし授業

少し前のことになりますが

 
ある新素材が気になって、出先ついでに
業者さんに寄せていただいたことがあります。
 
 
Image408_2
若い方はご存知ないかと思いますが
かつて、年賀状といえば
「プリントゴッコ」なる孔版印刷の簡易版が
かなり普及していたことがありました。
 
それの親玉というべきか、スクリーン印刷のアルミ枠に
ナイロンメッシュではなく、もっと番数の細かい紗引きされたもの。
これが伺った業者さんの会議室に置かれておりました。
 
話の成り行きで、
本題の新素材はそっちのけで
転写印刷の基礎などの授業開始、聴講。

Image404_2
実際に聞いた、有用な成分や印刷技法、

実用新案に関わる箇所の話は割愛しますが
 
伺った業者さんは、かつて某大企業の研究職だった方が社長ゆえ
成分分析などはお手の物だそうで、
感圧糊の粘着の強弱と、
「その塗布に必要な最少幅(細すぎると糊がのらない)」
「劣化(強いものは早い)」、との関係から
 
デカールのニスに植物性油脂は禁忌(酸化で茶変)なのに
某印刷会社さんは未だにそれを多用するらしい、という話まで
 
わが人生において
最も熱心に聴いた授業のうちのひとつとなりました。
役立つかどうかは別問題。
 
 
孔版材料を仕入れて、スクリーン印刷の内製は
当方でもできますが
いざ細かい位置あわせとなると、
ノウハウの蓄積がかなり必要とあって
せいぜい1枚パターン(単色インレタ)を
露光とスキージで作るだけに留めておこうと思った次第。

|

« 未定なれど研磨中 | トップページ | 窯業のまち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 未定なれど研磨中 | トップページ | 窯業のまち »