« ポリパテのない夏 | トップページ | 塗り直したい(無理) »

2012年6月25日 (月)

無駄と知りつつ下手塗装

Rimg0001





缶スプレーの白サフを

使い切ろうと横着し

磨きを省略してしまい

その上に塗ったところで

白サフのゆず肌は隠せず

結局、再度塗らねばならないことになりました。

屋根を塗るのも時間的に大変厳しく

そうであるなら

最初から塗装しなくても良かったのではないか

と思いはじめております。

がしかし

勢いというか惰性で、そのまま継続。

Rimg0005 

説明書をしたためるなり

梱包を進めるなり

やらねばならないこと山積ながら

白い車体を見てみたかった次第。

こっちはガイアノーツExホワイトを吹いてます。

 Rimg0004前面の表示窓拡大は

2000番代タイプだけ(1100番代の流用だから)。

 

3連の顔は、817-0前面しか在庫がないので

前面行先表示部は、

デカールだけで簡略表現となります。

817-0の前面の方向幕凹みを

光硬化パテで表示窓の凹みを埋めてみました。

 

三井芦別とか阿武隈の真鍮車体を組むのは無理そうな時間配分。

|

« ポリパテのない夏 | トップページ | 塗り直したい(無理) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポリパテのない夏 | トップページ | 塗り直したい(無理) »