« なんとなくサイボーグ機関車の中身っぽい | トップページ | 他山の石なるもの »

2012年4月22日 (日)

思いを遂げる人たち、何もできない不甲斐無い自分

世の中には、行動力を含め

すごいクリエイターさんたちがいるわけですが

ラッピングから少し経過し、先日「出発式」のあった

これを見に行ってまいりました。

Img_3589_2

朝9時には到着できなかったので

10時近くの久慈駅にて。

 

Img_3647

こどもたちへの笑顔を、という

熱い思いが満載なプロジェクトだそうで

公式ページでイラストが掲げられていることでもあり(てをつなごうだいさくせん、で検索)、

モデラー心を刺激されます

(その経緯から販売は難しいと思うのですが某社さんでチャリティーアイテム作ってくれたりしないかな…)

海側、山側で文字位置などが違います。

  

5月の連休や、夏休みにでも

機会ある諸兄、乗りにいらしてください。

そのほかの方法でも、諸兄にできる範囲の支援は

いろいろあると思います。ぜひ。

  

当方ごとき、何もできない輩は

ただ手持ちのプラ車体の色を落として

デカールでも貼ろうかなと途中まで作業したのみ。

(その前に仕事しろというお叱りはごもっともです…)

  

久慈側のスカート中央は

ATS車上子の保護板で延長されています。

更新車は台車交換(ボルスタレス系)と

ベンチレーターの換気扇カバー化が

なされているものがあります(まだ全車に及ばず)。

冷房改造は一部だけ変形パターンも

(キセ中央部が低く、熱交換器の屋根前後に台座リブ?あり)。

 

ところで

Img_3494

許可を得て(立会いのもと)撮影。

こちらは基本運用3日ローテーションのうち、

この日は朝晩だけの運用で、昼は動かず。

しかも洗浄台が邪魔で真横から撮影できず断念。

|

« なんとなくサイボーグ機関車の中身っぽい | トップページ | 他山の石なるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんとなくサイボーグ機関車の中身っぽい | トップページ | 他山の石なるもの »