« 幅詰め | トップページ | 荷物を会場向けに出したはいいけれど »

2011年12月20日 (火)

焼き付け

バタバタしておりますがギリギリで

デカール印刷が(エラーがなければ)間に合う見込みです。

それから

22日正午まで(←20日正午まで、から追補)にリクエストいただいた素材は

搬入予定(お名前をいただいた分だけは取り置き)。

以上メモでした。

 

さて焼き付け塗装ができるというので

依頼していたものが出来ました。

 この「読む価値ゼロ未満」の

ブログに延々書いてまいりました

ぺーブフェンスでございます。

 Rimg2210

これは本当はもっと

茶色とグレーの中間を目指したのですが

国道1号線など、箱根駅伝でもよく沿道に見られる

主要国道の新タイプ。

Rimg2211 こちらは

一般国道用。白塗装。

 

Rimg2212  

こちらはメーカー図面で

「かえで形」と名称のあるもの。白塗装。 

 

Rimg2213 その「かえで形」に下に2本の

バーを追加して高くしたもの、

「かえで形下2段」。白塗装。

 

Rimg2214

そしてメーカー図で「めがね形」と

呼ばれるもの。白塗装。

 

Rimg2215日よけ(61系客車用と国電用)

を塗ってみたもの。

もっと淡い茶色が良かったと反省。

そしてRimg2217

ATS地上子と

マンホール蓋。

 

他の色に塗るにしても

あらかじめ焼き付け塗装がしてあれば

情景工作しやすいのでは、ということで

作ってみた次第です。

 

他社製品もいろいろある中ですし

問屋さんに出しても、そんなに売れるものでもなさそう、と

いうわけで

12/25試しに並べてみます。

気になった方、ぜひご意見を。

なおフェンスは塗装済状態で、問屋さんに扱っていただくと

1セット1,500円ぐらいになります。(12/25頒布は、お試し価格?)

ATS地上子で400円ぐらい、日よけで600~800円ぐらい?

  

ぺーブフェンスは、建設基準図の3,000㎜間隔支柱と、

1,500㎜の補助間隔にしてあります。

太さも、可能な限り縮尺に近付けてみましたが、

真鍮材なので、やや弱くなります(情景用に強度はさほど必要ないと判断)。

 

「定礎」だとか「OX隧道」といった情景用エッチング板は

年明けにでも作ります。

 

年賀状、どう考えても「25日までに」なんて不可能ですので

例年のごとく欠礼いたします。何卒お許しを。

|

« 幅詰め | トップページ | 荷物を会場向けに出したはいいけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幅詰め | トップページ | 荷物を会場向けに出したはいいけれど »