« 時の流れを形で見る | トップページ | 缶スプレー整理の折 »

2011年11月23日 (水)

身近な類似

Rimg2146 色を塗ってみて

どこかで見たことがある、

との思いは

 

ポリパテの蓋の色

=硬化剤を入れる目安の色

でようやく落ち着きました。

 

吹いてみたら

「筆塗り用に調合されている塗料」ベースなので

スケールエフェクトをわざわざ加味するまでもなく

思ったよりは明るめになりました

…が、紫帯とともにデジタルでの色再現が

ワタクシごとき浅学者には難しく。

 

屋根上キセ上面が

屋根Rに沿っての斜めではなく水平になっている個体、が

製造所による差なのか、あるいは年次差なのか

まだ全車追跡ができておりませんが

思っていた以上に細かい際があるようです、この系列。

|

« 時の流れを形で見る | トップページ | 缶スプレー整理の折 »

コメント

まいどです。

紫帯・車体色共にマンセル記号でこの車両の塗色を書かれてる資料もありますが、「八尾南」「大日検車場」で見るのかそれ以外の駅で見るのかで帯の色の印象が違って見えますからね…

(千日前線の桃色帯のほうが、余り地上地下の差異が少なかったような…)

屋根色はもう少し白っぽい銀のような気はしますが、だいたいこの色で合ってたと思います。

投稿: 阪さん | 2011年11月24日 (木) 23時25分

耐候性というか褪色なのか、
あるいは汚れが目立つ色だからなのか、
帯色も印象がかなり異なりますね。
アッシュグリーンは、モデラー各位の色彩表現センスを、存分に発揮できると思います。
屋根は実のところ、手元にあった田宮AS12スプレー缶が残り少なく(実際、途中で切れてしまった)
仕方なくエコーのねずみ色を(床下塗るついでに)塗った次第。当初からの本来の指定色は屋根全部が銀なのですが、汚れとかツヤとかで印象がかなり異なって見えます。

投稿: 腰痛もち | 2011年11月25日 (金) 00時34分

ども お久しぶりです
大阪の謎の木工所です!
50系の屋根ですが
ラインデリアカバーは
ほぼ同じ形状で
3次車 42~66 斜め
4次車 67~94 フラット
なようです

おまけ
仁丹跡地 ローヤルホームセンター が立つらしいです!
いつオープンするんやら?

 

投稿: 謎の木工所@工作員 | 2011年11月28日 (月) 20時41分

コメント表示が遅くなってしまい
申し訳ありません。

さてご教示いただきありがとうございます。

ただ、残念ながら
4次車のナンバーの中に、両タイプを確認しておりまして、
年次差によるものと断定ができない状態です。
 
前端のフィレット(隅R)の大きさなど
製造メーカーの個性ではないか、と推測しております。
  
ただ、キセが取付部などがもし共用であれば
換装された可能性も否定できず、
(南海クーラーがR強弱で型式を分けていないように
:某車両メーカーの中の方から教えていただきました)
これが年次差なのか製造メーカーの個性なのか
確定には、もうちょっと追跡が必要と
考えております。

投稿: 腰痛もち | 2011年12月14日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 時の流れを形で見る | トップページ | 缶スプレー整理の折 »