« 模型化を跳ね返すような細工 | トップページ | 国鉄色っぽいやつ »

2011年10月19日 (水)

ラッピング車を見たついでに

いささか旧聞ですが。

 

Kaiyodoshimanto1 辺鄙だ、といっても

そんなに大したことあるまいと

ちょっと甘く見ておりました。

途中までは、一部に狭い箇所(離合に困難)があっても

まぁ普通の田舎道だと思っておりましたが、 

 

途中から様子が一変いたします。

 

途中の分かれ道に

「林道のような狭いほうの側に」

交通整理の方が、トランシーバー片手に持っているのです。

これは駐車場が混んでいるのかな、

と思ったら、違いました。

 

小型車で行ったから良かったものの

Iq

けっこう幅の狭い、

離合できる箇所は数箇所しかない道が

それなりに長く続きます。

数百メートルごとに交通整理の方がいる始末。

逆に言えば、交通整理の方が立っていなければ

「絶対にこんな方角には目的地は無い」

と判断してしまいそうです。

的確な比較対照ではありませんが

「仁別の森林博物館へ行く道」よりも不安。

 

さて打井川小学校跡=海洋堂ホビー館四万十。

 

以前書きましたが、ちょっとしたハプニングのような

関わりをいただけたとあって

見に行かないわけには参りませんでしたので

出かけた次第でありました。 

 

館内撮影して良いか伺ったら、

OKということだったので

Kaiyodoshimanto2懐かしい箱とかを眺め、

 

  

Kaiyodoshimanto3 注型材やら

 

  

Kaiyodoshimanto4脱泡機も大きいな

とか見ながら

 

また、離合の交通整理の方々の

お世話になりながら国道沿いへ戻ったことでありました。

|

« 模型化を跳ね返すような細工 | トップページ | 国鉄色っぽいやつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 模型化を跳ね返すような細工 | トップページ | 国鉄色っぽいやつ »