« 兄弟船(船じゃないんですけど) | トップページ | デカール屋の営業さん »

2011年8月11日 (木)

たまには形式図も正しい話。~を訂正。

(追記訂正:赤い太字箇所が、ご教示いただいて直した記述です)

 夕張252,253が片側切妻になったものと

夕張301、302とでは

乗務員扉形状、ドア脇手すり長さと位置、

屋根上への排気管立ち上げの有無(とそれによる端窓の有無)

給水口蓋の位置

(さらに252と253では、切妻が駆動軸側か否か向きが違う)

などなど、各部に差があるのですが、

 

水島時代の形式図における300は

切妻側の客扉脇の吹き寄せが250mm表記。

 

戸袋側のそれは、湘南顔のものは300mm幅であり

湘南顔両運から切妻改造された252,253では

この同じ箇所、300mmのままとなっています。

改造で窓柱を移設するまでもなかったと思いますので

それで当然ではあります。

 

片隅簡易運転台のことを踏まえると

改造ではなく、新製された300では

ドア脇の吹き寄せを詰めて、切妻側の簡易運転室の空間を

増やす(?)はずだと考えてられるので、

形式図はいわば、理に叶っている寸法です。

しかし、もしかしたら250mm幅ではなく300mmかもしれない、

形式図がいつも正しいとは限らないことは

これまで幾度となく経験してきました。

 

かくて以前、

廃車体を保存しておられる方に

許可を得て、実測したことがあります。

Img_0139

左はもと湘南顔両運から

切妻になったもの。

窓埋めされている箇所に

屋根上へ立ち上がる排気管が通っています。

右が、新製時から片側切妻

追記訂正:この画像にあるのはどっちも両運からの改造車

だとご教示いただきました。ありがとうございます。

保育施設の保存車体(窓サッシなど各部手入れ)が当初から

片運で、これは実測はできておりません(見に行ったものの)。

形式図通り、旧夕張301、302の

車端の吹き寄せ幅は、

もと湘南顔両運の切妻改造車とは

違っていました。

ということは、、、謎が増えた。

詳細写真記事までご教示いただきました…

300の排気管を屋根へ上げたとか

ドア交換でプレス模様がなくなったとか

わが浅学を恥じ入る次第です。

|

« 兄弟船(船じゃないんですけど) | トップページ | デカール屋の営業さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兄弟船(船じゃないんですけど) | トップページ | デカール屋の営業さん »