« 高いお勉強 | トップページ | 宮古みやげ »

2011年7月21日 (木)

著者さんからの回答

あることで疑問を抱き、

すでに10年以上も前の出版物ではあるものの

出版社さんに返信用切手とか名刺などを添えて

「著者の方に転送していただけないでしょうか」

とお手紙で質問を出しておいたのですが、

先日、ご丁寧にその回答をいただくことができました。

ありがとうございます。

 

お忙しい中に、その確認の調査もしていただいたようで

本当に著者の方には感謝しております。

100%ではないにしても、かなり経緯について

自分の中では納得がゆきました。

この先の精査は、我が汗を流さん仕事でありましょうけれど。

  

さて、今回

著者の方から回答をいただいたことで思い出されるのが、 

ある書籍の思い出です。

 

欄外コラムのような情報で

記述がなされていたものの、

それは明らかに某古い文献の孫引きで、それも

その古い文献にあった注釈や本文をよく読めば、

誤りと判るはずのことを、

ぱっと見た図だけで誤認してしまったであろうと

容易に推測される誤記と考えられますが、

たまたま著者の方と連絡が取れた際に

それをお尋ねし、

原典もしくは調査の経緯などをお伺いしましたところ、

 "その欄は知人が書いたもので、資料を参考にしたが

  その資料が何かは判らない"

という回答でありました。

 

いったん活字になってしまえば、

もとの情報に届かない世代では、誤った情報だけ

一人歩きしかねません。

せめて出典を明示していただければと思いましたが

そのような記述は書籍上にも一切無く、

とても残念な思いをしたことがあります。

 

   

そんな経験をしていただけに、

「過去の孫引きだけに頼ってごまかす記述」ではなく、

1次資料と正対して調査していただいた今回の著者の方へ

改めて敬意を高めた次第です。

|

« 高いお勉強 | トップページ | 宮古みやげ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高いお勉強 | トップページ | 宮古みやげ »