« 3時間遅れ | トップページ | 糊引き »

2011年6月 1日 (水)

まもなく4週間前です

昨年からホッタラカシのものが

もとい、もっと以前から放置状態のものが

散見されますが

ひとまず

幻のモハ61(身延線の幅狭2扉計画車)

幻のキクユニ

朝熊山ケーブル

苫小牧DL

ぐらいはなんとか完了。

でも

キクユニに限らず

キハユニ48000、キユニ48100とも

荷物扉の戸袋??なのか

外吊扉を描いているのか、点検用の側面開閉部を設定しているのか

どれもが不思議な作図になっています。

なぜかこの箇所だけウインドシルもなし。

キハユニ48100では、荷物扉間だけ一段引っ込んでいるかのような

平面図の描き方をしており

ますます謎です。

最大幅は変更記入されていないので

擬似外吊扉??でもそんな構造にする意味がわかりません。

のちの改造キハユニ18などでも普通の構造の扉で

それらの形式図でも

計画キユニなどのような、こんなヘンテコな作図にはなっておらず。

かくて

台所独自解釈による素材となっております。

 

そうでなくても

こんな素材は一般ウケするわけもないので

催事アイテムとして初回だけで終わるのに好適かな、と。

 

あと何つくろうか思案中です。

|

« 3時間遅れ | トップページ | 糊引き »

コメント

401集掲載の図面では戸袋部側板が一段凹んでドアの内側に位置する図面&記述になっていましたね>水子キユニ

投稿: So What? | 2011年6月 6日 (月) 21時38分

おっしゃるようにキユニはそういう構造?の
計画図のようで、
レイルロード「キハ10vol.1」所収のキハユニ計画図は
さらに不思議なことに。

一段引っ込ませるにしては平面図の余裕がなさすぎ
(45000一派の車体厚から鑑みて)、
何を意図したのか、知りたいものであります…。

投稿: 腰痛もち | 2011年6月 6日 (月) 21時54分

401集ではキハユニの図面は無く(ピクに載ってたのは見ましたが)「尚,キハユニ48100はユとニの両ドア間の側板(窓二ヶ)が一段凹んでいる運転台側非貫通式」との記述がありました。
室内幅を少しでも確保するために知恵を絞った結果なのでしょうか。

投稿: So What? | 2011年6月 6日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3時間遅れ | トップページ | 糊引き »