« こんなパーツは需要がないと思いつつ | トップページ | 綱渡り »

2011年3月10日 (木)

我が学習能力欠如

客扉窓がもっと大きいほうが印象に近いので

これのパーツと、

デッキ側面のハッチ(四国2000のような)のケガキ用テンプレート、

排気管カバー、などを作図していた

「北アルプス」。

Rimg1938 イソプロピルアルコールに

つけておいた個体のうち

とりわけ事前から車体湾曲が顕著だったものは

内部残留圧が逃げ切れていなかったのか、

はたまた他の要因なのか、

細かくヒビ割れ。(自己責任での工作における結果です)

修復不能な形状崩落にまで至らなかっただけでも

良かったと思います。

 

その前日は、ある車体の窓ガラスについた汚れをふき取ろうとして

エナメル溶剤つけたら、

白化して、数分後に崩壊

(クリアパーツ=GP-PSなどは残留圧の割れが出やすいので

 クラックが入ることは覚悟していたのですが

 白化するとは想定外でありました)。

エナメル溶剤は、それなりに強いので

(プラ板にカッターでスジつけて、エナメル溶剤で脆弱化させて

 切ってゆく手法もあるぐらい)

自業自得なのでありますが、

こんな失敗は過去に幾度もしてきたわけで

失敗してようやく「あぁ同じ失敗したことあった」と思い出す始末。

 

そのほか、今日の失敗した結果いろいろ:Rimg1934

旭川ササラは

デッキ手すりをSUS304で

作り忘れていたので、月末まで延期…

  

琴電71初期、側面の客窓の下段枠が

2箇所抜け落ち(下段窓だけ全開?状態と思えなくもない)。

他の琴電71末期や72は無事なのに。

 

そして伊賀者の中間車改前面、

ライトの中桟部分抜け落ち。

使えないことも無くはないのですが。

  

かくて試作ジャンク項目に詰め込まれるアイテムが増えゆくのです。

|

« こんなパーツは需要がないと思いつつ | トップページ | 綱渡り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんなパーツは需要がないと思いつつ | トップページ | 綱渡り »