« 窓枠ヒートシュリンク続3(1/144熊本城) | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月31日 (金)

窓枠ヒートシュリンク続4(1/144熊本城)

プラ板あそび継続中。

仕事しろって話ですが平身低頭…

  言い訳がましく一応、

Rimg1870 それらしいことの

試行錯誤は

やっておりますが

Rimg1871 うっかり忘れて

真鍮鋳造用の肉厚で作っちゃって

ホワイトメタルだと湯が流れませんですとか

そもそもこの体積になってくると

いかに

「誤差が小さいことで腕を知られるホワイトメタル鋳造専門業者さん」でも

当初の狙いサイズと変わって仕上がるので対策を練る必要あり。

  *****

さて熊本城の窓枠の続き。

 

クラフトロボで「抜く」のでなくて「ケガくだけ」なんだから、と

手抜きして

短時間で仕上げようとすると

 Rimg1864

 プロッタの誤作動がかなり増える

 (これは手持ちの機械の相性なのか) 

 

斜めに走っている線は、

 最後の動作でプランジャが上がりきらず引きずった跡。

  

どんなにか慌てていても

  「はやい」よりは

  「キレイ」を選択したほうが、最終的に早いです。

失敗したケガキなんてしたら

それこそ時間も材料も無駄。

 Rimg1865

その犠牲となった

「ケガキのミス」や

切り抜きの際に斜めにささくれた?ものを

無理して試すと

Rimg1866  

ささくれた箇所を落ち着かせようとして

オーブンに入れる時間を長くしてみたら

 

表面が溶け出すようになってしまい

かえって悪い状態に持ち込んでしまった次第。

加減の見極めが難しいです。

 

Rimg1868  もう一個、

縦横を変えて配置し

ケガいたものですが

…先のものと収縮率が違う。

いかんなぁ。

 

収縮をまとめるだけの安定のあるデータができず。

オーブンの余熱が残っている状態で入れたり

要素がかなり毎回違うので、仕方ないのですが。

|

« 窓枠ヒートシュリンク続3(1/144熊本城) | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 窓枠ヒートシュリンク続3(1/144熊本城) | トップページ | 謹賀新年 »