« 研究という名の下で遊び | トップページ | 板の間(1/144熊本城) »

2010年12月 2日 (木)

小天守土間の井戸上の床(1/144熊本城)

小割板の切れ目を、縦にしてしまっていたのですが

復元(予想)図面では、スジが直交方向であったので

直す必要あり。

されど

もう接着してしまった箇所

いまさらバラバラにできないので

板を貼り重ねて誤魔化すことに

Rimg1802 とりあえず

手元にあったプラ板の端材を

切り出し、

柱と干渉しないよう半円状に抉ったり

(↑画像にあるうち、左のものは

 フリーハンド&目分量&大雑把にやって失敗した残骸

 =こうして端材が増えてゆく)

なんとか“それらしい材料”を作成。

 ____

反射シートの片付け

 (日光がまんべんなく当たるように、

 林檎畑の下に銀色ないし白のシートを敷くのですが

 収穫時のはハシゴをかけるのに邪魔となるので剥ぐ

 …が、収穫期には、それを乾かして畳む余裕なぞ一切なく

 出荷が一段落ついた、いまごろにシートの後始末をします)

明日まで作業。

 

大釈迦あたりで最終日ぐらいは

「かもしか」撮影したかったなぁ。残念。

|

« 研究という名の下で遊び | トップページ | 板の間(1/144熊本城) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研究という名の下で遊び | トップページ | 板の間(1/144熊本城) »