« 工程報、残暑 | トップページ | 猛暑余波 »

2010年9月 5日 (日)

アクセサリー・ブルーム

試作なので、各部調整が必要。

説明書なし。

という条件で、旭川のササラ電車などを頒布しておりますが、

ブルームのササラ表現までが

エッチング板での構造ゆえ

若干、パズル的要素となっているようです。

しかし、

試作品頒布の主旨から

詳細説明は行わないものとさせていただき、

いくつか画像だけ並べますので

適宜、ご判断ください。

 

Rimg1699  パンタが乗る台

 180度折り返し重ね。

ポールとも接近しており

屋根上が非常にせせこましいです。

Rimg1700

 

問題のブルーム部。

 

Rimg1701 上半分だけ

差し込んだ状態。

 

なお、このブルーム部のササラ、

左右とも端から3~4列目まで

除去したほうが良いです

(支持アームに干渉)。もちろん修正予定。

 

ブルームも固定、車体幅が狭いので

(汽車製の図面から、車輪径関連のアレンジを除き

 ほぼスケールに近付けました)

これの動力化は推奨しません。

あくまで「アクセサリー」。

動力化の際には、ショート対策に十分注意を払い、

もちろん自己責任で工作願います。

 

途中経過は省略し、

全体像は

 Rimg1704

こんな具合。

 

ヘッドライト、ベンチレーター、パンタ、ポールは別途。

車輪も別途必要ですが、

車軸が長いと収まらないので、

GM製台車など軸先が短いものを用いることを推奨。

必ず片側絶縁車輪で、絶縁側を統一してください

(中空軸車輪は使えません)。

 

前後のデッキ?は

下回りと車体側とで、若干ズレが発生。

しかし三角ゆえにあまりよく見ないと気にならないかもしれません(?)

手すりは、実物もフニャフニャ曲がっていたのですが

ここはステンレス材にしようか思案中。

 

なお実車は、

ブルーム一式とデッキ部を撤去した姿もあるので

面倒ならば、三角のデッキもろとも根元から切除しても

よろしいかと思います。

|

« 工程報、残暑 | トップページ | 猛暑余波 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 工程報、残暑 | トップページ | 猛暑余波 »