« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月19日 (木)

石色失策

Img_4549 熊本城の小天守の

石垣内部の土台部。

 

ちょうど、他に塗装せねばならないものがあったので

ついでに、まずは黒で下地塗り

(SPAZ STIXのつやあり黒

 =別にこれ以外の塗料でも良いわけですが

 吹き付け用に薄く調整済なのでやりやすい。

 缶スプレーは、あるメーカーのサーフェイサーを、10年ほど冷暗所で放置していたら

 缶下部の錆から、溶媒液がゆっくり染み出したようで缶の外で固まっていたことがあり

 それ以来あまり購入せず)。

  

*プラキットそのままの状態では

 このパーツの表面に彫刻はありません。

 石を敷いたかどうかわかりませんが、

 漆喰ではあるまいし、コンクリートもアスファルトもありえず、

 一枚岩をこんな箇所に使うとは思えないので

 勝手に想像して、石を敷いた模様をそれらしく彫った次第。  

 

そのあと

軍艦色(佐世保系)でドライブラシをかけてみましたが

あいかわらずヘタです。

  

乾燥後、

灰白色と、西武ベージュをドライブラシで上乗せ。

 

続きを読む "石色失策"

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

無駄な努力

Img_4538熊本城の小天守下部の門戸。

「凹み」は艶消し黒を塗れと

あるのですが

上部は通風口である旨の記述があるので

ここは

抜くしかありません。Img_4539

 φ0.7キリで穴をあけて、

 

針ヤスリとか、ミネシマの薄いヤスリは

高くて買えない(折ったら代替品を買いにゆけない田舎ゆえの思考)ので

手元の真鍮板の余材にImg_4540

 

ペーパー貼って

簡易スキマ磨き。

 Img_4541

 裏面(城の内部側)を見ると

上部の梁までがなぜか扉の合わせ目スジがあったり

表には閂(かんぬき)用の飾り金具があるのに

裏は見当たらず

そもそも鉄扉のようにノッペラボウ…

扉上部もこれでは構造がおかしい。

というわけで

続きを読む "無駄な努力"

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

台風一過

青森はさほど被害がなかったのですが

(他地域で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます)

台風通過後の反動で快晴、

盆の入りの墓参にはしんどい暑さです。

  

Img_4530  ズル休みで

(某クハ1411の分類が

 思った以上に面倒で

煮詰まったので気分転換という言い訳をします)

 

相変わらず石垣内部の構造部分を作成。

要は「素組み」。

Img_4528  

右から「切りっぱなし」、

「ヤスリがけ」、「ペーパーで荒らしたあと」。

この角材を、あと8本仕上げてこのブロックは完了、

という工程になって

短い角材パーツが、残り7個しかない。

スプールから切ったとき数えたら

確かに揃っていたはずで、

1個を、どこかにすっ飛ばしてしまったようです。

続きを読む "台風一過"

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

嵐の前の息抜き

台風通過の前に

寝ておけば良いものを

遊んでしまう悪いクセ

(仕事しろというお叱りは甘んじて受けます…)

Img_4525 石垣部分は

石膏で作り上げるまでは

トレースやら流し込みまでに

まだまだ時間がかかるので、

その石垣の三和土部分?の上に乗る

内部の梁部分だけを組んでみました。

ここだけなら

ある程度組んでしまっても1色塗りで大丈夫。

続きを読む "嵐の前の息抜き"

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »