« 既視感 | トップページ | 曲面悪戦、続 »

2010年6月20日 (日)

曲面悪戦

直線とか、2次曲面までなら

かなりラクに作図できるのですが、

曲率が確定していない(けれど高さや幅は規定)

3次曲面、しかも非球面だと大変。

Kiha43000face4  なんだか

オデコの曲線の下がり方が

「ゲルググ」を連想。

この図は、まだ屋根てっぺんの曲面に

しわ寄せされたミス部分をリカバーする前の図

(以前お見せした状態から、あんまり進んでませんね)。

 

流線型を、

「少なくとも意図した形状に近づけて」

作成できるようになれば、

他の作図に応用が利くはず。

そういうわけで、

樺太の流線型などを

自らに課したテーマとして

設計に挑戦してみたわけですが、

ここまで苦労することになるとは。

 

その途中経過です。

 

Karafuto2100face 左の曲面が、中央が凹んで湾曲。

これじゃダメってんで

諸条件をかえて再度。

 

Karafuto2100face2 そうしたら今度は

右側の下辺と、雨樋部とで

整合不一致が発生。へんな斜線の峰が入った。

これではダメなので、

ベースとなる作図法の定義部分で

そもそも間違っている、ということになります。

 

・・・こんな試行錯誤をして、講習やらテキストなしの独学で

 まさに「体で覚えてゆ」く3次元の作図でございます。

|

« 既視感 | トップページ | 曲面悪戦、続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 既視感 | トップページ | 曲面悪戦、続 »