« 先輩に確認を頼まれし | トップページ | 検索 »

2010年5月10日 (月)

本当に痛いときにはサボることさえままならず

いまのところ、手軽に遊べる熊本アイテムは

Kumamotojyo4 LRTぐらいしかなさそうなので

(815系とか、デカール作ったSL人吉なんかは

"街の中心"から離れているので、ひとまず考えない)

いつか並べたいと思いつつ乗せてみました。

 

天守閣とレールは、実際には堀もあるし遠いので

(高松は例外的に、それが特徴でもありますが…)

どうしたって模型的身勝手アレンジ地面になりましょう。

以前、無謀にも

Airfix

空輸できない指定のついた模型を

考え無しに1:144の文字につられ

買ってしまい、国内情景にどう活かすのか?と

未だに悩んでいるコレと同じこと。

 

心象鉄道妄想の模型的空間構築。

ウォルサーズやらファーラーのカタログを見て

夢を広げる

(予算のことは無視しないと、現実的には溜息つくばかり)

のも、密かに楽しみののひとつであります。

 

さて熊本城1:144のほうは

Kumamotojyo1 小天守の内側は

なんとか彫り終えました。

 

Kumamotojyo2 内側コーナー部は

さすがに作業効率悪いです。

石垣の内側なんて

組み立ててしまえば全く見えないことは

判りきっているのですが。

Kumamotojyo3

一応、表面は

部分的に彫りこんでも

みたりしましたが

やっぱり納得ゆく表現とはなっておりませんで

わが腕の未熟さを、白日のもと恥晒しといたします。

 

Kumamotojyo5

ようやく

外側で最も面積の広い区画に

彫り込むところまできました。

まだ小天守の石垣だけだというのに

どれだけ時間かけているのやら。

|

« 先輩に確認を頼まれし | トップページ | 検索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先輩に確認を頼まれし | トップページ | 検索 »