« 追跡は間々ならず | トップページ | 大釈迦の廃車体の小変化 »

2010年5月30日 (日)

グランビーの語源を知らぬまま

日鉱尻屋崎とか

尾去沢の鉱車は

大館製作所の製品だったと思いますが

うかつにも

そこが盛業中とは思っていなかったので

Oodateseiskausyo

足尾の鉱山トロッコの脇にあるフェンスと同じ

「パイプを輪切りにして大小並べる」フェンスを

道路端に見たとき

よもや?と

数キロ走ってから戻り、

確認してみたら

その「大館製作所」でありました。

さすがに素人がお邪魔するわけには行かないので

ただ、沿道から眺めただけです。

いつか、グランビー鉱車のグランビーとは何かを

聞いてみたい…。

|

« 追跡は間々ならず | トップページ | 大釈迦の廃車体の小変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 追跡は間々ならず | トップページ | 大釈迦の廃車体の小変化 »