« 銀鏡反応 | トップページ | ものごとには原因がある »

2010年1月24日 (日)

樹木切断

Hayashizaki201001出先で、

チェーンソーの音がするので

何事かと聞けば

「跡取りが帰ってこないし、

 高齢でもう野良仕事を続けられないので

 農家引退と決めたが

 畑はいまさら買い手がつかなくて売れないし

 樹をそのまま手入れしないて放置できないので

 (放置すると、果実から病原が広がるので周辺に迷惑がかかるため

  休眠果樹園は原則、樹木は切らねばならない)

 やむなく切る」。

あぁ、貯金があったら畑と倉庫を買いたいんですけど。

ただ、親戚で同じように「跡取りがいなくなった人から、畑を買って広げた」ところ

20年後に、その一家も同じように跡取りが都会に出てしまい

結局、片方の畑は手放すことに。

 

正直な話、次の某車種の金型を仕込むより

林檎畑は安く手に入る現実があっても、

剪定から摘花、病原対策(弱った枝は切って傷口を塞ぐ)、

降霜対策に台風に収穫に選別出荷に、市場に出す労力と

価格低迷を考えて換算すると、

確実にこれはボランティアの世界であって、

あくまで、農繁期や週何日かの手伝いでしかない

我が経験不足の身体で、

農業を本格化させることは無理。

 

勿体無いなぁ、林檎畑。

育てて収穫から出荷できるようになるまで

接木が安定するまでに相当な時間がかかるので、

切るのはものすごく考え悩み抜いた末の決断であったはず。

合掌。

 

そして帰りしな

Kiha22fce201001 大釈迦の、コンビニの裏手に

「モーテルな感じの施設」の手前にある

解体業者が置いている、黒いキハ22&車掌車。

道から眺めただけで、私有地内には入らなかったので詳細不明なれど

キハ22は津軽鉄道にいたもの。

Kiha22setsudan 運搬の際、経路に長さ制約があったらしく

いったん中央で切断し接合。

鉄道博物館入りしたオハ31も切ってましたね。

キハ22では、継ぎあてが明確に見えます。

そして

Yosl 筆舌に尽くしがたい代物も付属。

雪が溶けたらまた見にこようと思います。

|

« 銀鏡反応 | トップページ | ものごとには原因がある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 銀鏡反応 | トップページ | ものごとには原因がある »