« 発泡材臭気 | トップページ | 実況的 »

2009年9月16日 (水)

珍しく高額な買い物

現代における高校生諸君の小遣い額に

余裕で負けそうな、微々たるオコヅカイから

捻出する額としては

1万円近い買い物は、けっこう心臓に悪いです。

しかし、「フェリー好き」(←ファンとか呼べるほど勉強してない)

にとって

青函連絡船の津軽丸型が、銀座から発売とあっては

当然ながら貯金を崩すわけであります。

Mashumaru あぁ、手前の缶コーヒーは

まったく関係ないです…

 

 

ベースがウレタンムクのものは、

すでにシップモデルをいろいろ発売している他社から

発売されているのですが、

「銀座のもの」も買ってしまいました。

音源があるのは素敵なのですが、

せめてプロペラシャフトは可動だと嬉しかった。

バウスラスターとか、アンカーは

一体でも仕方ないと諦めつくんですけどね。

  

控車つなげて入換ごっこをしたい欲望のためには

せめて船尾だけでもNで作りたい。

最大のネックは、

実は船体とか、可動桟橋ではなく

三線分岐(複式ではなく、左右同点同角度の分岐)

を再現できるか

↑これなんですよね。

模型として運転するための規格がある以上は

バックゲージを守らねばならないため、

トングレール配置が相当難儀でありまして。

フログだけなら、レール断面を描いて押し出す造型で

銀鋳造でも置き換えてやれば出来るわけで

(ただ、旧来の「選択式」=シノハラ一般ターンアウト方式にしかできず、

 絶縁ができないため、いわゆる「全通選択式」にはできない)

いつの日か

入換運転で遊べる日があるといいなと

ひそかに夢見ております。

|

« 発泡材臭気 | トップページ | 実況的 »

コメント

> 三線分岐

自由が丘留置線が・・・

投稿: TOQ電車 | 2009年9月16日 (水) 19時56分

猫の額のように猛烈に狭いところに
押し込んだ配線のところですね。

ダブルスリップが道床付で出る時代なので
そのうちなんとかなったりすることを
こっそり期待。

投稿: 腰痛もち | 2009年9月17日 (木) 00時37分

某銀座製青函連絡船、私も十和田丸を買ってしまいました。
置き場所どうしよう・・・w
レジン製の某社製キット、懐かしいですね。
私も持ってましたが(確か銀座製に近い金額だった)、結局作らないまま売ってしまいました。
ああ、次は控え車が欲しい・・・

投稿: 都内在住積みモデラー | 2009年9月17日 (木) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 発泡材臭気 | トップページ | 実況的 »