« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月24日 (木)

埋没

お絵描き週間につき。

書き溜めておりますが。

残念ながら明細図は入手できなかったので

形式図から、写真類推もあわせ仕上げるも

あとで

昭和5年「最新電動客車明細表及型式圖集」

を思い出しひっくりかえしますと

あぁ種車の図があった。

 

はてさて

改造前より、原形の姿をまずは

絵に落としてみてから直してゆく、という

我流に則り

寸法を落としておりましたら、

前端 

152.4mmなる記入が。

 

改造後のものは、

152mmとしか記入なし。

小数点以下なんて、

しかも曲面の頂点での寸法なので

錆だの

塗料だの

ほぼ誤差なんでしょうけれど

図面では通常、残ってゆくと思っていたものの

見事に「切り捨て」。

 

実車のこの寸法差なんて

模型に落とした公差に比べるまでもなく

ただ

実車の形式図を引いた人の

流儀を知った次第であります。

 

そもそも種車の図とて、絶対確実とは思っていませんが

ひとつの目安には為り得ますゆえに。

| | コメント (5)

2009年9月22日 (火)

浮気性作図

昨日までの図は終えて

次に、若かりし日に通学でお世話になった電車の

細部を書き込んでおりますが

彼岸の中日のお墓参りで(←田舎では重要行事)

集中力が途切れましたので

別の車種に浮気。

いつもながら気が多いです。

 

ある前面だけ欲しくなったので

ちいさな書架をひっくりかえし

目指す図を、複数の本で持ち出すも、

   

屋根Rの3つの半径と、

オデコの流れの半径と、

ましてや床平面図における断面半径も

  

・・・違うサイズで記入されている orz

   

とりあえず、全ての資料の、それぞれのサイズで

作図してみると、

破綻しているところは無い(もちろん半径が違うので、そのRがなす角度も異なる) 

となると

実車において、

日車製と、それ以外で

鋼体寸法が違う図なのだな、と推測。

  

以上、本日の作図中の浮気でありました。

これは3次元に起さないといけないので

結果を出すのは、かなり後になりそうです。

   我が健康面での問題が、そのときま悪化していなければの話。それより先に完成品が出るのか?

| | コメント (0)

2009年9月21日 (月)

脱稿後に

譲渡された姿は

ヘッドライト形状、テール窓下移設、

行先表示器変更、屋根中央ランボード撤去

パンタ脇ランボードの脚6本のうち1本を除去

(↑これもどういうわけだか譲渡前の一時期、明らかに脚数4に減っている写真が残る)

連結面貫通路幅縮小、無人駅用ワンマン用発車ベル設置

前面貫通路脇手すり撤去+幌取付

乗務員扉のツライチ化、

連結面縦樋設置(←これはもしかしたら譲渡直前に設置されたかのような形状)

ぐらいで済む、と思っておりましたら

 

「譲渡前」の写真をいくつか見ていて違和感。

 

乗務員扉の、上の隅R(応力集中の逃げ)が

1編成だけ、小さいRになっている(どう見てもそうとしか思えない)。

でも、譲渡後を作る上では

どうでもいい話ではあります。

| | コメント (3)

2009年9月20日 (日)

屋根深さ異聞

幸いにも屋根の断面図面があり

作図そのものはなんら疑問なく

終了するも

実車メーカー3社によって、おおまかに

形態が2分されているところの寸法を

代入してゆくと

「川」のそれはともかくとして

「日」のほうの屋根Rは明らかに異なるはず。

そして不思議なことには

「川」の床高さ+床から窓まで+窓高さ+窓上から天井+天井から屋根板

の合計と、

ヘッドライト高さで、記入サイズが違う。

「川」の図も、まるでライトが半埋め込みのように

ちょっと位置が高い。

しかし

実車写真を見る限り、ライト上端面と屋根頂点は

同じレベルとしか見えず、

そんな高さ位置の差があるとは思えない

わけでありまして

図の信憑性について若干の疑問。

共通寸法として代用してしまったのか、何かの誤引用か。

  

実車組立図を求めて都心まで行くような予算も時間もなく

デッサンは適当なところで切り上げました。 

 

ひょっとしたら、とある場所には

詳細図面が残っている可能性が高いのですが

聞けるとしたら、現品が出来た後。

| | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

実況終

そのまま停泊1時間以上

1:15ごろ

タイフォンが1回、軽く鳴ったので

あ、そろそろ五所川原方に出るのかな

と思ったら

動かない。

  

20090917trialrun3

あれ?

←川部方

 

なにか来た。

キハ40x2(WC向きは先にきたものと逆)

まさか、ここまで詰まっての

続行運転もしないだろうから

昭和末期には棒線化された、この場所で

まさか20090917trialrun4連結なんて

しないよな

思ったら

20090917trialrun5

くっつけちゃったよ。

ずいぶん、ゆっくりと。

(22分ごろナックル突き当て)

  

20090917trialrun6 で、

3連になった試運転は

川部方に

引き上げていきました。

2両がやってきて引き上げるまで20分ほど

踏み切り鳴りっぱなし。

やっぱり作業服を着た方々が

なにやらメモを取ったりしてたんですが

何の試験だったのかは

結局、わからずじまい。

| | コメント (2)

実況的

20090917trialrun ハンダ付け作業中に

開け放った窓から

踏み切りの警報音が聞こえたので、

「いつもの保線用か、バラストホキだな」

と思っておりましたら

遅延情報がないのに、キハ40がやってきた。

これだけなら珍しくないんですが

(深浦への送り込み回送などがたまにある)

今回、

20090917trialrun2 目の前で

長時間停車中。

前面の方向幕は「試運転」

(画像がブレブレで、写っているのがなんだか不明で申し訳なく)、

そして

藤崎で保線の作業員さん?と思しき

安全ヘルメットをかぶった2人が下車し

駅舎(藤崎駅は無人駅ですが、保線詰所的に使われている)

に入ってゆきまして

かれこれ20分になりますが

まだ、キハ40はアイドリングして止まったままです。

棒線化されている、この藤崎駅で

折り返し川部方へと戻るのかどうかは

よくわかりません。

 

まもなく0時30分、まだ停泊中。

気になって?(煩悩も邪念もてんこ盛りです小生)

いつになく作業がはかどらない夜。

| | コメント (0)

2009年9月16日 (水)

珍しく高額な買い物

現代における高校生諸君の小遣い額に

余裕で負けそうな、微々たるオコヅカイから

捻出する額としては

1万円近い買い物は、けっこう心臓に悪いです。

しかし、「フェリー好き」(←ファンとか呼べるほど勉強してない)

にとって

青函連絡船の津軽丸型が、銀座から発売とあっては

当然ながら貯金を崩すわけであります。

Mashumaru あぁ、手前の缶コーヒーは

まったく関係ないです…

 

 

ベースがウレタンムクのものは、

すでにシップモデルをいろいろ発売している他社から

発売されているのですが、

「銀座のもの」も買ってしまいました。

音源があるのは素敵なのですが、

せめてプロペラシャフトは可動だと嬉しかった。

バウスラスターとか、アンカーは

一体でも仕方ないと諦めつくんですけどね。

  

控車つなげて入換ごっこをしたい欲望のためには

せめて船尾だけでもNで作りたい。

最大のネックは、

実は船体とか、可動桟橋ではなく

三線分岐(複式ではなく、左右同点同角度の分岐)

を再現できるか

↑これなんですよね。

模型として運転するための規格がある以上は

バックゲージを守らねばならないため、

トングレール配置が相当難儀でありまして。

フログだけなら、レール断面を描いて押し出す造型で

銀鋳造でも置き換えてやれば出来るわけで

(ただ、旧来の「選択式」=シノハラ一般ターンアウト方式にしかできず、

 絶縁ができないため、いわゆる「全通選択式」にはできない)

いつの日か

入換運転で遊べる日があるといいなと

ひそかに夢見ております。

| | コメント (3)

2009年9月13日 (日)

発泡材臭気

国産品は、ほとんど気にならないのですが

他国生産と思しき、

色も特徴的な、ブック型ケースの緩衝材

(発泡ウレタンで良いのかどうかわかりません;材料工学はかじらず)

についてのこと。

 

普段走らせる場所もないし

そもそも、貧乏ですから

そんなにたくさん車輌を持っておらず

たまーに

ボロい本棚の上に、車輌を出して並べるのですが

そのとき

ケースの発泡材から、臭気が多少出るみたいですが

他国生産分が

顕著。

 

下にもPPシートが敷いてある場合があって

これは除去しておいて、

枠から緩衝材も抜き出して

天日干しではないですが、ほぼそれに近い状態で

一週間放置。

臭気が抜けたな、と思って

収納して、

忘れたこと再び出すと

やはり、前回と同じレベルで臭気が。

国産品ではこうならず。

 

「しょせんXX産なんだな」で済むレベルなら

良いのですが、

つい先日、窓を閉め切った状態で

ブック型ケースの中身の発泡材を

数個、室内に放置しましたら

 

たまたま来ていた親戚の犬が

普段、いつも来る場所なのに

入ってこない…

。。。

あぁ、明日から

寝る場所で、ブック型ケースの発泡材を

放置したままにするのは

控えたほうがいいのかな、と

杞憂なのか、はたまた。

    ただ、国産「グレーの発泡材」が出す、わずかな臭気は

    そんなに嫌いじゃないです(?) 

| | コメント (2)

2009年9月12日 (土)

気分転換の依頼作図

以前、ある方からリクエストいただいたもの

Hirosakidentetsumark ←こんな具合で

いかがでしょうか。

これで白の版下に。

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

東奥日報2009年9月9日夕刊記事

Ashinoaccident 無念。

近年、芦野公園駅トイレ破壊とか、

夜間に屯するヤカラの仕業?の

悲しい事件が多く

当地のご隠居たちは

しきりに嘆いております。

| | コメント (1)

2009年9月 8日 (火)

懸け橋に文字を渡らん

ドライトランスファー白版

余白に

Ohzonebrdg 橋梁用ペイント表示

とか

作っても

需要なさげなので自己満足に終わります。

はい。

| | コメント (2)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »