« 汽車と日車と | トップページ | 白フチを消したのか消えかかっているだけなのか »

2009年2月22日 (日)

思い入れは深くないけど山陰特急

境港付近で無謀にも砂浜に乗り入れ

4駆だろうが当然、抜け出せなくなって

近くにいたユンボに引っ張ってもらった10年前とか、

 

山陰の、とある駅近くの宿に入ったら

隣国客向けのポスターが多くて驚いたものの

露天温泉といい、部屋からの線路の眺望といい

最高だった、など

いくつか思い出はあるものの

山陰は、そんなに由縁のある場所でもなく。

 

思い立った夜に「だいせん」で出かけられた時代。

諸兄のように細かく語れる知識は何もなくても

それなりに回数を重ねて見ていただけに

今でも山陰は、全般的に気になる車輌が多いです。

Superokiyane01 そんなわけで

ビード本数から排気管形状から

クーラー位置と数が違う1次を作るべく

洋白板をこしらえてみました。

こんなネタ、需要がないと思うので

個人加工だけを晒しておきます。

以上が 

試験前日になると勉強したくない学生時代のように

催事前締切間際となって版下修正から逃げるように

屋根を工作したじめた顛末、でした。

伊勢電のク、連結面テールについてご教示いただき感謝。

____

Rimg67418 ところで

今週驚いた郵便。

10円切手だらけで

いただいたのですが、

1974年お年玉切手など。

ちょっと勿体無いような

しかし、使わないとさらに勿体無いのか、

うなりつつ開封したことでありました。

|

« 汽車と日車と | トップページ | 白フチを消したのか消えかかっているだけなのか »

コメント

まいどです。

伊勢電の件、こちらでも丁寧なお礼ありがとうございます。

模型の話から脱線しますが…
2年前に切手の年賀シートを売ろうと(当時大阪在住だったので)阪和線沿線の知ってる古銭屋に持ち込んだ所…

「今は切手が全く売れないから値段が全く付けれないしそのまま使うほうが得ですよ」との返答でした。

それどころか、その古銭屋が郵便として出す為に記念切手を使っている封筒も見せてもらいました。

だから使わないと勿体ないんですよね…

投稿: ダンジリ小僧 | 2009年2月23日 (月) 22時21分

コメントありがとうございます。
そういえば郵便はそんなに出さなくなったので
価値下がるのはわかるとしても、
なんていうんですかね、
「月に狩り」切手やらにトキメイタ世代ゆえ
使うにしても、ちょっと勿体無いと思ってしまいます。

環境問題と一切関係ない「モッタイナイ」なので
使える切手は使って正解なのだと思いつつ、

少し前に新聞で読んだ
「明治時代?だかの100円を預けた証文が出てきたが
銀行に聞いてみたら、今の価値に換算した額ではなく100円分しか効力がない」
みたいな内容をふと思い出し、
当時の10円の重みと、今の10円との差を勿体無く思ってしまいました。

使うことこそが切手の使命なので、
それで良いんでしょうけれど。

ただ、よくぞ古いものを保存しておいたものと
そして今使う気になったものと、
驚くばかりであります。

投稿: 腰痛もち | 2009年2月23日 (月) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 汽車と日車と | トップページ | 白フチを消したのか消えかかっているだけなのか »