« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月22日 (月)

mue屋根上その4

Muem2094yane4 つづき。

モヤ209-4屋根。

 

Muem2904yane2もうちょっと

手前に止まってくれれば

と思うのは当方の身勝手。

   

   

Muem2093yane_2

 で

モヤ209-3屋根

ラジオアンテナのブースター?だか

なにかが撤去

ところで現在メインで使うマシン

まだ1年も経っていないのに

「保存したはずの図が跡形なく消えている」

「プスプス音がする」

危険な兆候。あやしい。ミニノートで代替するも

スペック軽すぎて3次元を扱えない。

・・・来年活動できているのかどうか

不安な要素がまたひとつ増えてしまいました。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

mue屋根上その3

Muem2094yane こちらはモヤ209-4

いたってシンプル?な屋根上

  

  

Muetc208yaneクヤ208-2

金網越し&雨の中なので

すべての画像がダルダルですが

見逃してください。

 

 

 

同じくMuetc208yane2

クヤ208の屋根、後方。

 

 

 

  

   

Muetc208yane3

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

mue屋根上その2

Muetc2092yane 昨日のつづきで

奇数向きTcの後位と

 

  

  

 

 

Muem2093yane M209-3の

パンタ付近。

-4と違って、パンタにない側の

屋根にあるAMアンテナだかは

-3には残ってます。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

mue屋根上その1

Muetc208door 情報に疎い当方

しかしごく稀にいただける話を

これは行かねば

情報提供いただいた方に

申し訳ないとあって

ゴロンとシート往復強行軍(+製版フィルム出力と買出し)。

側面などはすでにあれこれ公開されている

諸兄の画像も多数ありますし

デカールも他社で先に発売するそうなので

(一応、シルクスクリーン印刷の原稿は用意したものの

 競作かつ印刷に時間がかかる拙作を仕込んでも売れなさそう)

モデラー諸兄に屋根上資料を公開しておこうと

数回にわたって?晒してゆこうと思います。

偶数向きTcだけ乗務員扉の上に水切りがあって

Muetc209truck

おまけにM’208-4と偶数Tcのうち

一軸だけ黄色く塗られた車輪が。

何の試験だか、浅学の当方が知るはずもなく

ただ室内に「レンタルのニッOン」の

ポリタンクがいくつもあって、死重積載?

今回も、6連での走行だったので

中間Tの屋根上と床下両側面を

撮影できなかったことだけ悔やまれますが

いまさら仕方なく。

で、

Muetc209yane

まず奇数向きTcの屋根の

前方側。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

弘南ラッセル

Nisato 大学時代、他の学校と

仲良くなる実習にたくさん参加し

そのおかげで各地で宿を借りるのに

困らなかった時期があったのですが

そのとき、Y県の知人は本名が

ラッセル君でした。注:彼は代々日本人家系です。

今でも元気でしょうか。

ラッセルと聞くと、どうしても

そのころの思い出がよみがえってきます。

川原で芋煮をするのに、鍋セットが

ホームセンターで貸し出される、とか

独自の風習に驚いたものです。

 

で、今日明日は弘南線でラッセル試運転。

通院の帰りしな、新里駅にて。

まだ雪はそんなにありません。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

再び公式記録でも誤りのある事例

某社製造の総組立図なので

形式図のような粗雑さはなかろうと

盲目的に過信しておりますれば

いざ図を描いてみたら

明らかにおかしい。

車体中心線と窓の関係が合わない。

しかし記入寸法(インチフィート)には

不具合はなく、

各所のサイズの合計と、全長は一致。

さすれば。

 

なんと、図そのものが誤って

描かれておりました。

中央戸袋窓だけサイズが違うのに

絵の中では他と同じサイズで

あちこち吹き寄せなどが誤魔化されての作図。

そして

おそらくはこの図から形式図やら

公式なものが起こされたので

ある資料ではそのまま、中央戸袋窓の狭さに

触れないで記事になっておりました。

 

と、これだけなら別に

珍しくないのかもしれませんが

同じクライアント&メーカーにおける

別の、それも時代がかわってからの

作品の図面でも

やはり同じようにおかしいことがあって

記入寸法と、実際に描かれたものとの差が

あまりにも開きすぎ

(図ではサイズが近い箇所が、記入寸法が1.5倍以上異なる)

これはなにやら

どの時代であっても試行錯誤があって

そのまま訂正なしであったものなのでしょう。

   

その車両、多分年末の催事には出せると思います。

ただし片方の1種だけ。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »