« 橋側歩道 | トップページ | ペーブフェンスその84(飛行機) »

2007年8月12日 (日)

幸せの黄色いクーラー

Nanohanadx220 手元の模型製品は、屋根グレーなんです。

クーラーだけ黄色。

ま、このほうが落ち着いて見えます。

   

  

でも、「はやとの風」の新製直後に

シボの反射でグレーに見えたように

(増備車が出た直後、しばらく147と47とで

 かなり差が目立った)、

またその後の煤汚れで

色がなんだかわからない赤い快速や

青い大村線のように、

クーラーの冷媒ダクトカバーおよび

アンテナ、信号炎管までも黄色という陸橋からの観察。

今年7月上旬の運休中?に

なのはなDXの指定席両運だけ

クーラーはそのままで、冷媒ダクトカバーとか

目立つ部分?だけ黄色を塗り重ねたようです。

 

そうでなくても、ロングシート編成やら

ワンマンスピーカー設置やら客扉上水切りとか、

編成で片側に揃う給水口蓋を追加工作とか

なのはなDXと関係ない通常編成だって、

結局バリエーションを作るなら

塗りなおさねばならない

=多色インレタを作っている次第なのであります(自己消費分)。

   

それでも前面だけでなく、屋根ビードがついて

冷媒ダクトカバーも大幅に変わった「220-200」を作るよりも

まだ加工する気力も持続します。

   これ、イチから新規に型起こしたほうがいいんじゃないかと思うくらい

   そんな予算ないけど   っていうか∞ⅰ5&∞ⅰ7の見積もりすすめないと。

|

« 橋側歩道 | トップページ | ペーブフェンスその84(飛行機) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 橋側歩道 | トップページ | ペーブフェンスその84(飛行機) »