« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月23日 (木)

ペーブフェンスその58(変形青海波:)北海道錦岡

Nishikioka3_1 これは苫小牧付近の小駅前の

通りにあるもの。

夜間の撮影なので反射材が光っていますが…

一見すると、国道系のめがね形のバリエーションなのですが

このパネル最大の特徴は

支柱に連結されている上部角にRがつけられていること。

しかもボルトを縦に差し込むタイプの締結ではない?、

支柱とパネルを溶接しているなら、謎…

(現場で溶接後に塗装とは考えにくい。補修での塗装なら別ですが)

なんでパネルを1枚ごとに独立させていないのか不思議です。

こういうスタイルは初めて見ました。

他にももっといろいろあるのかもしれませんが

いかんせん、浅学なもので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

ペーブフェンスその57(3枚葉:中野区)

Nakano1_1 東京都中野区の、葉っぱデザイン。

(だと思っているのですが、違ったらご教示ください)

東京都管轄のイチョウパネルと同じ緑色系に塗っているのは

珍しいかも?(杉並区など他にもあります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

ペーブフェンスその56(迷路?:中富良野)

Nakafurano2 これは中富良野駅周辺にあったもの。

国道系に似ていないこともないですが

調べていませんが富良野のマークとかなにか関連があるのかも?

(ないかも?無責任発言です↑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

ペーブフェンスその55(山?:釧路)

Kushiro1_1 これは移動式の一般的な柵ですが

センターの山状のパイプが珍しい

(そんなに取り上げるほど貴重ではなく、それなりに見かけますが)。

この類のものまで含めてゆくと、いくら取材しても足りないのですが

一例として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

ペーブフェンスその54(川波:東京都江東区)

Koutou1 これは江東区のデザインですが

どこで撮影したのか記憶になく

新木場だったかなぁ。とにかくその辺りです。

京葉線に乗っていても、結構見かけますね。

| | コメント (0)

2006年11月17日 (金)

ペーブフェンスその53(上弦格子:板橋)

Itabashi これは特殊寸法なのですが

支持方式から記録したもの。

板橋駅前で見たものですが、

なぜか他の通りでは見かけませんでした。

23区での「板橋独自のもの」ではなく

業者のレディメイドデザインかもしれませんが

未調査。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

信号機にも

道路標識、標示に関する法規を調べたあと

信号機にも関心を持ったのですが

「雪国では積雪の重みに対処するため

 車両用色灯が縦」

というのをどこかで読んだのですが

青森では普通に横並び3色です…

むしろ、設置場所によって縦にせざるを得ない

場合をよく見ます。

 

 ところで、通常の道路信号だと車両信号は

 向かって右か左か、どちらがだか思い出せますか?

  

あまり見かけないのですが、歩行者用での特殊例。Izumoshi

アーケードの梁?が上に見えるので

これに干渉しないように横にした、

にしては、画面をよく見ると

直行する側の歩行者信号は通常の縦配置。

なんですかね、歩行者からの視認性向上?

鉄骨がある側と、低いアーケード屋根との関係?

不思議だ…

| | コメント (4)

2006年11月 9日 (木)

ペーブフェンスその52(雑木枝:清洲城)

Kiyosu1 フェンスの話は

まだネタ切れではなく

思いだしたころに続けます。

今回のものは、名古屋付近のもの。

樹肌の意匠ですが、同じものが並んでいるので

一瞬パイプ細工かと思ったのですが、

近くで見てみれば明らかに鋳造品。

というわけで、パネルの分類にすべきかどうか迷いますが

公道?の脇にあるということで…

この枝模様は、KとかYに見えないこともないんですが

あんまり関係なさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »