« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月29日 (土)

ここもオリジナルのフェンスが

仕事的に、とある町に出かけておりまして

その市近辺では

「すずらん」型のペーブフェンスが見られますが

それは追々別項で。

 

あんまり100点満点ではないかもしれませんけれど

零細弱小な自分なりに、としては

それなりに結構及第点な「零号試射」。

軽く祝杯として

普段まったく呑まないビールを1人で。

相方は健康診断が近いので禁酒中。

 

セントレアにはじめて降りました。

その最寄にある宿の設備にちょっとびっくり。

価格帯と比較して明らかに豪勢(?)で

カプセルホテルで充分な身には

とまどいすら覚えた次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ペーブフェンスその42(拝み合せ特殊、山陰のどこか)

Izumo ごく最近、車窓から見かけたものですが

山陰線のどこの駅だかわかりません。

  出雲市から太田市あたりのどこか??

独立パネルのわりに支柱が端にないので

これを定義に含めてよいのかは

悩むところですが、

それにしてはパネルデザインが曲線多用で珍しい。

というわけで勝手に含めます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

ペーブフェンスその41(曲面S、隅田川ほか)

Asakusa3 一応、パネル構成なのですが

いかんせん、曲面が多すぎ

一般道路の歩行者と車両との区分には

非常に使いにくいもの。

このように河川の転落防止、橋の欄干ぐらいにしか

用いられないようです。

これは浅草にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

ペーブフェンスその40(拝み合せ;角材タイプ、帯広ほか)

Obihiro 画像がボケボケですみません。

これは音更のジョルダンを実測に出かけたとき

その行きしなのバス車内からの撮影なのですが

夜行特急フル活用で移動していた連泊の疲れが

ピークに達し、

もうどうでもいいやー寝る。という気分で

何も考えずに撮影したという酷いもの。

 

このタイプは、児童公園などに結構頻繁に見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

ペーブフェンスその39(半円上下;角材タイプ、五戸ほか)

Gonohe これは丸パイプ材ではなく

角材を用いて作成されたもの。

ペーブフェンスとしての範囲に含めるべきか

かなり迷うのですが

一応、面倒なので入れてしまいました。

これは旧南部鉄道の五戸を見に行った途上。

数年すれば、七戸に駅が再びできる時代となり

思いはちょっと複雑です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

フェンスの飾り続編

Tsuwano なんだ、メンテナンスって

フリーには関係ないじゃん、

と気付いたのはさっき…

 

ペーブフェンスとはいえないシリーズですが

これは津和野で見たもの。

支柱が逆U字になっているそのセンターに

丸い飾りが。

まるで鬼瓦や破風に入れる風習のような。

 

~あるところから「依頼中止」が到着。

 非常に悲しい日となったのであります orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

ペーブフェンスその38(いちょう;飾りのバリエーション)

Kudanshita 前に出しました東京都管轄の

いちょう、ですが

飾りを付けた一例(これは九段下で)。

どうやらカタツムリ?の模様のようです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

これもペーブフェンスじゃないかな

Asahikawa 旭川付近のどこかの駅で

車内から(ドアが開いたときに)

撮影したブレボケのろくでもない画像ですが

北海道ではこの形は結構見ます。

ちょっと古いですが、余市臨港の荷台柵は

これとは違いますが、同じようにRのついたもので

時代による流行があったのかもしれません。

パネルデザインでもないのですが

北海道らしさを(個人的に)感じてしまうアイテムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

ペーブフェンスその37(拝み合せに小丸:中野区)

Nakano2 中野駅前の

ちょっと古いタイプ。

拝み合せ、というのは本来逆向きの表現

だと思いますが、勝手な呼称なので

大目にみてください。

中野区はこのような規格外のものばかり

ではなく、ちゃんとパネルサイズの大きい

ものもあります(3枚葉)が、それは

後日改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »