« ペーブフェンスその26(いちょう;東京都ほか) | トップページ | 経年変化、フィルムの巻 »

2006年6月 9日 (金)

ペーブフェンスその27(めがね変形;下館)

Simodate2 めがね形の変形には

いろんなタイプがあるのですが

これまたモノクロネガにばかり

残っているとあって

すぐ出せるのはこのぐらい…

 

これは下館駅、

関東鉄道側の駅舎の脇で撮影。

(ご推察のとおり真岡とか2300とかを実測していましたハイ)

このほかにも仙台や広島でも見かけたので

これも、国道系の規格型なのだろうと思います。

しかし、よく見るとこれ

上下のアーチ上のものは交差しているのです。

「パネルは平面に配置する」という通例から逸脱、

という点で、

各地で見られるとしても珍しいもの。

(もっとも橋の高欄などでは、立体的デザインの

 フェンスが多用されるので

 別段、その意味では珍しくもなんともなく、

 あくまで国道系ペーブフェンスとしては、

 というだけの話)

そしてこの下館のものは

上下のビームが角であることも注意。

|

« ペーブフェンスその26(いちょう;東京都ほか) | トップページ | 経年変化、フィルムの巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38773/2146496

この記事へのトラックバック一覧です: ペーブフェンスその27(めがね変形;下館):

« ペーブフェンスその26(いちょう;東京都ほか) | トップページ | 経年変化、フィルムの巻 »