« ペーブフェンスその20(清流?;富士市) | トップページ | ペーブフェンスその22(中菱の特殊形;銀座) »

2006年5月23日 (火)

ペーブフェンスその21(サイクロン?;世田谷区)

Setagaya1  

 

これは、自分で見つけたものではありません。

某「土工関連ではかなり有名な方」のHPに、

いつぞや(といっても今年ですが)

世田谷線と小田急の交差地点周辺の画像があり

そこに写りこんでいたもの。

 お忙しそうなので、まだお礼も報告もしてません、すみません>N様

 

世田谷は過去に23区制覇を目指し

一応探したものの、

このタイプは発見していませんでした。

茶色のフェンスが多いことから、比較的近年に

設置されたものかもしれません(未調査)。

 

上記の「土工関連で有名な方」からその後、

ありがたいことに、詳細な画像をいただいたのですが、

やはり実測したくなるのがサガでありまして

所用の折、ついでに出かけてきました豪徳寺。

 空き時間?に、複々線ゆえに真横から撮影しやすいので

 駅のホームに3時間粘って3263編成を待ってみたけれど

 空振りで徒労に終わった、なんてことは内緒にしておきます

 

でフェンスですが、

半円を並べたものなのか、

はたまた梢が3組の表現なのか不明。

勝手にサイクロンタイプ(もちろん正確なサイクロンではなく

あくまで短絡的イメージ)と小生は呼称しております。

ビーム寸法は一般的な3000mmスパン設置の国道タイプと同じで

パネル高さも標準でありました。

|

« ペーブフェンスその20(清流?;富士市) | トップページ | ペーブフェンスその22(中菱の特殊形;銀座) »

コメント

いつもお世話になっております。
HNで失礼致します。
マニアッくなフェンスを見てコメントします。
先日某有名博物館前にてマニア心をくすぐる?フェンスを収めておりましたので・・・
ご存知でありましたらすみません。
http://ensensumineko.blog13.fc2.com/blog-entry-209.html
では。

投稿: 沿線住猫 | 2006年5月25日 (木) 18時01分

沿線住猫さん:
コメントありがとうございます。

万世橋の欄干パネル、やはり独特ですね。
この箇所のものは撮影と採寸取材をしましたが、
このようなものに目を向けておられる方が「他にもいた」ことが嬉しい…(!)。
橋については、フェンスもトータルデザインで
道路フェンスとの線引きが難しいのですが、
なるべく撮影するようにしています。
 
またパイプ材のフェンスではないのですが
神保町にある柵は、
「本」「羽のついたペン」
の意匠があったりして面白いです。
 
汽車のペーブフェンスは、たとえば
横川の鉄道文化むら入口前などにも
見られ、また保育園のフェンスにも
多いようです。
 
それにしても、もう交通博物館の図書室に
通えないというのが無念…

投稿: 腰痛もち | 2006年5月25日 (木) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38773/1898461

この記事へのトラックバック一覧です: ペーブフェンスその21(サイクロン?;世田谷区):

« ペーブフェンスその20(清流?;富士市) | トップページ | ペーブフェンスその22(中菱の特殊形;銀座) »