« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月28日 (火)

ペーブフェンスその9(川シリーズ:弧状、高畠)

スウィングガールズ関連、ではないのですが

これも高畠のフェンスです

(どうも糠ノ目とか、茂吉記念館前も北上ノ山とか

旧名が出てきてしまうのは、淡い恋心の記憶なのです)

Takahata1

 

これは山形特有ではなく、国道系のものですが

横1本+斜め3本、の「川の流れ」シリーズで

その斜め3本が、弧を描いているもので、あまり多くは見かけません。

斜め3本線がS字だったり、直線だったりするバリエーションなどは

次回お目にかける予定です(忘れていなければ)。

ちなみにこの画像は、JR高畠駅から延々歩いて

旧山形交通高畠駅跡まで行ったときに、陸橋のたもとで

見かけたもの。

現在の高畠駅は、駅舎温泉やら直営宿もあるので楽しめます。

フェンスに興味のない方も、是非一度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

ペーブフェンスその8(山形県:出羽三山)

山シリーズ ?となってしまったので、ついでに。

山梨や山口、富山に和歌山は

山っぽいデザインのフェンスをあまり見ませんが

(ことに山梨は国道系デザインが多い~別項予定)

山形といえば、Yamagata1かなり各地に設置されている

「出羽三山」この画像は下2段タイプ。

一瞬、農協(JAっていうんですか最近は)のマークにも

見えそうですが、これは三山を模したもののようです。

 

山形は学生時代、ちょっと甘くて苦い思い出が

十指に余るほど発生した(させた)場所なのですが、

映画「スウィングガールズ」を見ると、懐かしく思います。

   ま、劇中のように「かわいい」率が恐ろしく高いことは無いにしても…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

ペーブフェンスその7(北海道厚別:山)

Atubetu 山シリーズではありませんが

これは北海道の撮影旅行中、

野幌の銭湯「東の湯」に入ってから

札幌に戻って「利尻」「オホーツク」「まりも」が定宿?

だったのですが

(まりも以外、季節臨になってしまい淋しい限り)

その銭湯から上がって札幌に戻る途中、

森林公園駅付近の車窓から見かけた「山」スタイルフェンス。

このタイプはその後、別の場所では見かけていません。

時間に余裕がなかったので、残念ながらこのときは

採寸取材はできませんでした。

 

銭湯は、星置のスーパー銭湯やら、新得の町営温泉とか

北海道で過ごしたときには1日2~3回ずつ入っており

撮影よりもこのほうが旅の目的だったかのような時期があります。

夜行列車の衰退と共に、遠い思い出。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

ペーブフェンスその6(山梨県:富士山)

Masuho2 ご当地フェンス?として山をモチーフにしたものは

いくつかありますが、やはり富士山ということで

これは身延線沿線に多いタイプ。

残念ながら旧型国電には間に合わない世代であり

身延線そのものへの「思い入れ」はあまりないのですが、

元山梨交通(江ノ電800)の保存車を実測に行った折

このフェンスのほかにも、珍しい形状のものをいくつか見つけ

1日にこれだけの収穫があったことは無かったので

強烈な印象を刻んでおります。

画像は、なぜか橋の前後だけ、山裾部分?を青く塗った

下2段タイプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

ペーブフェンスその5(大月、三国ヶ丘:串団子)

Otuki これは国道ではあまり見かけないものの、

特定地域だけではないようなので、一応は全国的な

形状のようです。

センターにOがあって、左右に斜め線が互い違いに、という形状から

個人的には2桁数字の隠語を連想するのですが、とてもここには書けず。

ちょっと段違いで不自然ですが、串団子1個とでもしておきます。

大月から初狩にかけての車窓で、駐車場にあったものを

慌てて途中下車して撮影しに行ったのですが、

その後、阪和線の車窓や、福岡でも見ましたので

途中下車してまでの撮影は、ちょっと無駄が多かったようです。

ただ、この形状のものは長手方向の幅(おおまかに3種、それ以外は

切断&溶接の現場施工で調整)によって斜め線の傾斜角度が違うのですが

三国ヶ丘のものとは寸法が若干違うようです。

    *寸法差については後日、別のタイプのところで書くつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 1日 (水)

ペーブフェンスその4(川崎市:鳥と魚)

Shinkawasaki 新鶴見というか新川崎駅を降りると

目にするタイプです。

川の流れ?に魚と鳥(たぶん)。

画面の奥に、道路の反対側にもあるのが見えますが

鳥と魚の配置で2種、また鳥も魚もいない「川の流れ」だけ

のものも交互に設置されています。

このタイプは、どこかの他県の車窓でも見かけた記憶が

あるのですが、それがどのあたりなのか

さっぱり思い出せません(記憶力の低下というより、そもそもアタマ悪い)。

このタイプはまだ茶色のものしか見たことがなく

白を見かけないということは、最近になって設置されはじめた

ものかもしれませんが、まだ資料調査をしていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »