« ペーブフェンスその2(国道:複葉) | トップページ | ペーブフェンスその4(川崎市:鳥と魚) »

2006年2月25日 (土)

ペーブフェンスその3(国道:めがね)

Kanda2 これは昨今沸きたっている神田での撮影。

ごく極一般的な、「めがね」型

(という名称が一般的なようです。一部メーカー呼称PG)

なのですが、東京都心で見かけられるものはなぜか

上部アーチに、束のように縦の短い補助材がついていて

これが2本あるものと、片側のみ1本の場合もみられます。

(画像は束2本タイプ)

この束は、何のためにあるのかわからず、結構な割合で

「ちゃんと溶接されていない」スキマだらけの接合で

補強の意味がありません。といって意匠でもないようで

あるいは、その鋭角のスキマに児童が服などをはさみこむ

事故の予防のためなのかもしれません(エスカレーターで

左右交差する部分で手や顔を出して怪我せぬようにと

注意喚起のための吊り下げアクリル保護板がありますが、

あれと同じようなもの?)

この国道「めがね」型は、変形バージョンもいくつかありますので

のちのちお目にかけます。

なお標準的なサイズは3種ありありますが、最も多用される「大」では

縦の柱は3mごとに埋設、このパイプはφ60、基礎表面から800mm高さ。

ビームのパイプはφ42.7、中の意匠部のパイプはφ27.2となっています。

このサイズもメーカーによって違うようです。(この寸法はPG図から)

|

« ペーブフェンスその2(国道:複葉) | トップページ | ペーブフェンスその4(川崎市:鳥と魚) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38773/824067

この記事へのトラックバック一覧です: ペーブフェンスその3(国道:めがね):

« ペーブフェンスその2(国道:複葉) | トップページ | ペーブフェンスその4(川崎市:鳥と魚) »